English
日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
会長短信「春夏秋冬」

バックナンバー

会長短信「春夏秋冬(30)」
「第2回One Healthに関する国際会議の開催決定」
 新年明けましておめでとうございます。
 会員及び構成獣医師の皆様方におかれましては、ご健勝にて平成28年、丙申(ひのえさる)の年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 さて、新年早々ではありますが、皆様方にお知らせとお願いのご報告があります。
 それは、昨年9月に配信した本メルマガの「春夏秋冬(26)」においてご紹介した第2回世界獣医師会(WVA)-世界医師会(WMA)“One Health”に関する国際会議が、平成28年11月10日(木)・11日(金)の二日間にわたり北九州市小倉で開催することが決定したということです。
 昨年9月の段階では平成29年秋頃の開催を予定していましたが、WVA等との調整の結果、開催が1年早まり上記の日程となりました。
 もう開催まで10カ月を切っており、WVA、WMA及び日本医師会との連絡・調整、会議場の確保、会議内容や講演者の検討など、大車輪で準備を進めています。
 何故北九州での開催なのかと思われるかもしれませんが、大規模な会議施設の確保や関連行事の同時開催が可能なこと、北九州市も福岡県も我が国の西の玄関として国際会議の開催等の誘致に極めて熱心であり、協力体制が確立されていること、加えて日本医師会の横倉会長と私が共に福岡県出身であることがその理由です。
 既に、北九州市、福岡県共に最大限のご協力とご支援をいただけるとの内諾も得ています。「人と動物の健康と環境の保全を推進するため、医師、獣医師等の専門家が緊密な協力関係を構築し、一体で取り組む必要性があるとする“One Health”の理念を国際的に普及・推進すること」を開催目的とする予定です。
 日本の医師会と獣医師会の連携活動などを世界に誇れる素晴らしい国際会議になるよう尽力いたしますので、是非多数の方々が参加されますよう期待しています。
 なお、かねてより推進をお願いしている地方獣医師会と地方医師会との連携協定の締結ですが、会員各位のご尽力によりこれまで29地方会において協定締結が実現しました。
 現在、平成28年度までに全ての地方会での協定締結を目指しているところですが、可能な限り上記の国際会議までに締結を進め、その成果を同会議にて報告したいと考えておりますので、更なるご協力をお願いいたします。
 また、この国際会議を一層盛大なものとするため、本会の関係行事を同会議と合わせて開催する予定です。具体的には、これまで10月の第1週に開催してきた全国獣医師会会長会議と動物感謝デーについて、前者を国際会議前日の11月9日(水)午後に、後者を11月12日(土)に開催する方向で準備を進めています。昨年10月3日に開催された「2015動物感謝デー in JAPAN “World Veterinary Day”」につきましては、地方獣医師会を含む協賛・協力者数131、出展数85、来場者数約29,000名と大盛況でした。改めて、協賛、協力等をいただいた関係者各位に深く感謝申し上げます。
 では、本年の動物感謝デーはどうなるのか、疑問を持たれる方もおられるでしょう。結論を申し上げますと、例年東京都立駒沢オリンピック公園で開催してきた動物感謝デーは1年お休みして、第10回目となる動物感謝デーは北九州市において開催することになります。
 そもそも第1回目が開催された平成19年度の理事会での議論において、当初の数回東京で開催した後は、これを全国展開していく方向性が示されていました。このような経緯もあり、本国際会議、全国会長会議及び動物感謝デーの上記の日程及び会場での開催については、昨年12月11日に開催された本年度第5回理事会においてご了承をいただき、本会及び地方会が一体となって成功に向けて取り組んでいくことが確認されました。
 今回、図らずも国際会議に合わせて北九州市での開催となりますが、地方への展開の試みとして、地方会構成獣医師、協賛・協力をいただいている関係者各位には、改めてご理解とご協力を賜りますようお願いする次第です。
 最後になりましたが、平成28年が皆様方にとって素晴らしい1年となりますようご祈念申し上げます。


平成28年1月22日 公益社団法人 日本獣医師会 会長 藏内勇夫

バックナンバー

会長短信「春夏秋冬(33)」「災害に備える」(平成28年4月21日)
会長短信「春夏秋冬(32)」「AMR アクションプラン」(平成28年3月23日)
会長短信「春夏秋冬(31)」「日本獣医師会獣医学術学会年次大会【秋田】開催迫る」(平成28年2月19日)
会長短信「春夏秋冬(30)」「第2回One Healthに関する国際会議の開催決定」(平成28年1月22日)
会長短信「春夏秋冬(29)」「驚きのニュース」(平成27年12月18日)
会長短信「春夏秋冬(28)」「医師と獣医師との連携による感染症の解明」(平成27年11月19日)
会長短信「春夏秋冬(27)」「獣医師一人一人との繋がりこそ力(チカラ)」(平成27年10月16日)
会長短信「春夏秋冬(26)」「獣医師によるOne Healthの実践」(平成27年9月18日)
会長短信「春夏秋冬(25)」「新役員体制でのスタート」(平成27年8月19日)
会長短信「春夏秋冬(24)」「第72回通常総会を終え、二期目のスタートに思う」(平成27年7月23日)
会長短信「春夏秋冬(23)」「世界獣医師会と世界医師会の共催によるOne Health国際会議で講演」(平成27年6月19日)
会長短信「春夏秋冬(22)」「中国獣医協会の皆様を迎え、有意義な意見交換」(平成27年5月22日)
会長短信「春夏秋冬(21)」「All Japan Pet Expo in Tokyo及びインターペット -人とペットの豊かな暮らしフェア- に参加して」(平成27年4月21日)
会長短信「春夏秋冬(20)」「獣医師として巣立つ卒業生の皆さんに対する期待」(平成27年3月16日)
会長短信「春夏秋冬(19)」「マイクロチップ装着による個体識別推進シンポジウムに出席して」(平成27年2月25日)
会長短信「春夏秋冬(18)」「魅力ある組織の発展を期待 -新たな挑戦元年に-」(平成27年1月22日)
会長短信「春夏秋冬(17)」「気持ちも新たに年を越します」(平成26年12月22日)
会長短信「春夏秋冬(16)」「日本医師会との連携シンポジウムを開催して」(平成26年11月14日)
会長短信「春夏秋冬(15)」「地区獣医師大会に出席して」(平成26年10月23日)
会長短信「春夏秋冬(14)」 「意識改革によって組織の整備・充実を」(平成26年9月25日)
会長短信「春夏秋冬(13)」 「人とペットとの共生社会の構築を」(平成26年8月21日)
会長短信「春夏秋冬(12)」 「地方獣医師会との連携を強化し、迅速な課題解決に向けた更なる決意」(平成26年7月17日)
会長短信「春夏秋冬(11)」 「国際馬術競技大会に不可欠な獣医師会の支援」(平成26年6月20日)
会長短信「春夏秋冬(10)」 「地方獣医師会との連携を強化し、迅速な課題解決に向けた更なる決意」(平成26年5月16日)
会長短信「春夏秋冬(9)」 「獣医師会の約束」(平成26年4月21日)
会長短信「春夏秋冬(8)」 「平成25年度獣医学術学会年次大会(千葉)が成功裏に終了」(平成26年3月20日)
会長短信「春夏秋冬(7)」 「共に歩む日本獣医師会に期待を」 (平成26年2月20日)
会長短信「春夏秋冬(6)」 「目標実現の年に」 (平成26年1月17日)
会長短信「春夏秋冬(5)」 「新しい年に向かって」 (平成25年12月18日)
会長短信「春夏秋冬(4)」 「私の活動の原点は動物愛護運動から」 (平成25年11月19日)
会長短信「春夏秋冬(3)」 「五十嵐幸男先生のご逝去に接し」 (平成25年10月17日)
会長短信「春夏秋冬(2)」 「広く国民の理解の下で狂犬病対策の推進を」 (平成25年9月17日)
会長短信「春夏秋冬(1)」 「本会の発展はスピードある対応と組織行動で」 (平成25年8月17日)
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.