English
動物の福祉及び愛護

マイクロチップを用いた動物の個体識別

マイクロチップとは

マイクロチップ 直径約2mm_長さ約12mmマイクロチップ(MC)は、直径約2mm_長さ約12mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。電子標識器具というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、要するに動物の小さな小さな名札と考えてください。その中には、個体識別番号が書かれた機能や、アンテナの役割を果たすコイル等が収めてあります。また、ICチップという名前でも呼ばれています。
MCに書かれている番号は、専用のリーダーという器具を使って読むことができます。リーダーをMCに近づけると、リーダーが発する電波にMCが反応して番号を送り返します。これをリーダーが感知して番号を読み取るのです。MC自体は電源を必要としないので、電池の交換は必要なく、一度動物の体内に埋込めば一生交換する必要はありません。
平成18年の改正動物愛護管理法 施行以後、全国の自治体でリーダーの設置、MC読み取り体制の整備が急速に進んでいます。あなたのお住いの地域での取り組み状況は、各自治体の動物愛護管理担当部署にご確認下さい。

マイクロチップの埋込みと登録

MCは動物病院で獣医師に埋込んでもらいます。埋込みの方法は、一般的な皮下注射とほとんど変わらないため、動物への負担はそれほどありません。
また、埋込まれたMCは、動物の体の中を移動しないように表面に特殊な加工がされています。安全性についても、さまざまな臨床試験が行われて証明されています。 
MCを埋め込んだだけでは迷子になっても飼い主の情報は分かりません。必ずマイクロチップのデータ登録手続を行ってください。

あなたの動物がいなくなったとき

MCには、国・メーカーコード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた世界でただ一つの個体識別番号が標識されています。
MCを埋込んだ動物とその飼い主のデータは日本獣医師会のデータベースで管理されており、MCを埋込んだ動物が発見された時には、読みとった個体識別番号をデータベースに照会することによって、即座に飼い主の電話番号等の検索が可能で、飼い主に連絡をとることができます。
特に、地震等の大災害の際には、MCが動物と飼い主を結び付ける確実な絆となることはいうまでもありません。

マイクロチップを利用した動物の個体識別の普及・推進(AIPO)

AIPO(動物ID普及推進会議)は、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(社)日本愛玩動物協会と(社)日本獣医師会により構成される組織で、平成14年度から、MCを利用した犬・猫等の家庭動物の個体識別の普及・推進を図っています。

当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.