English
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
獣医公衆衛生

●食品衛生、感染症予防、動物愛護の普及等を通じて安全な国民生活に貢献する

(食中毒、BSE等の防止を通じて、公衆衛生の向上、食の安全に貢献)

家畜は食肉処理場や食鳥処理場などで、畜産物となります。その過程では獣医師が衛生検査を行っています。食肉、食鳥肉の衛生、そして牛乳などの安全を担うのも獣医師の仕事です。

(人と動物の共通感染症対策)
国立食品・医薬品衛生研究所、国立感染症研究所などの研究機関をはじめ、自治体の衛生研究所では獣医師が狂犬病を始めとする人と動物の共通感染症対策に取り組んでいます。動物の病気を知り尽くす獣医師ならではの活躍が期待されています。

(動物愛護の普及に貢献)
捨て犬や捨て猫が悲しい運命をたどっていく。そのような現場でもこれらの動物は獣医師に支えられています。命を守るために獣医師になったものとってはこれは、とてもつらいことです。捨て犬・捨て猫を減らしいく、そして不幸にも捨てられた動物達は新たな飼い主のもとへ、動物愛護行政はそのような取り組みを行っています。

共通感染症対策

狂犬病関連情報

狂犬病対策について

資料

当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.