English
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
獣医学術振興・普及

学会・セミナー情報詳細

学会セミナー情報

名称 第9回 家畜感染症学会学術集会
主催者 家畜感染症学会
初日開催日 2019/12/06
開催年月および日時 2019年12月6日: 13時~17時15分、2019年12月7日: 9時~16時30分
開催地(都道府県) 北海道
開催場所 北海道大学農学部大講堂(農学部本館4階)
主な内容 【2019年12月6日(金)、13:00~17:15】

1)大会長挨拶:
 鈴木 定彦(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター センター長)

2)教育講演:
「獣医療や環境における薬剤耐性問題の実態とその対策」
 臼井 優(酪農学園大学)

3)推奨研究:家畜生産現場における抗菌剤使用を考える
「牛呼吸器病(BRDC)における抗菌剤治療の実際~抗菌剤治療ガイドブックを読み解く~」
 加藤 敏英(酪農学園大学)

「牛乳房炎の診断と治療の考え方~薬剤耐性を考慮した効果的な治療法を模索して~」
 河合 一洋 (麻布大学)

「養豚管理獣医師が目指す抗菌剤使用の対応」
 伊藤 貢(あかばね動物クリニック)

「養豚場における抗菌薬使用低減への取り組み」
 高橋 佐和子(高橋とんとん診療所)

〔総合討論〕

4)意見交換会:(18:00~20:00)
サントリーズガーデン 昊 (そら) https://suntorysgarden-sora.owst.jp/
参加費:4,500円

【2019年12月7日(土)、9:00~16:30】

1)第8回学術集会最優秀学術賞紹介
「投薬方法と飼養環境の見直しによる養豚場の抗菌剤使用量低減」
 遠矢 良平(宮崎県農業共済組合)

2)一般口演(発表8分、質疑4分):
一般口演登録締切:11月1日(金)

3)ランチョンセミナー:

4)シンポジウム:牛の異常分娩と分娩事故による感染症を科学する

「子牛の感染症対策は分娩から」
 加藤 肇(北海道ひがし農業共済組合)

「牛の分娩に伴う子宮内および腟内感染 - その病態が受胎性に及ぼす影響」
 大澤 健司(宮崎大学)

「子牛が病気になる前に~今日から現場でできること~」
 宿澤 光世(根室農業改良普及センター)

〔総合討論〕

5)2018年度学会活動報告:

6)第9回学術集会最優秀学術賞発表ならびに表彰式:

7)閉会挨拶:
 加藤 敏英(家畜感染症学会会長、酪農学園大学)
獣医師生涯研修事業
プログラム認定の有無
認定無し
開催情報ホームページ http://www.kachikukansen.org/meeting/meeting.html

お問合せ先

氏 名 佐藤 礼一郎
団体等 家畜感染症学会
住 所  
郵便番号 252-5201
都道府県 神奈川県
市・区・町・村 相模原市中央区淵野辺
番地等 1-17-71
電 話 042-769-1637
FAX  
E-mail request@kachikukansen.org
URL
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.