English
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
獣医学術振興・普及

学会・セミナー情報詳細

学会セミナー情報

名称 高度獣医療技術研修
主催者 獣医療提供体制整備推進協議会
初日開催日 2010/11/24
開催年月および日時 2010年11月24日(水)~26日(金)。或いは2011年2月末日までの3~5日間(応相談)
開催地(都道府県) その他
開催場所 2010年11月24日(水)~26日(金)北海道農業共済組合連合会研修施設。山形県、兵庫県、神奈川県、青森県
主な内容 内容: 高度獣医療臨床施設等における、指導者の研修プログラムに基づく高度獣医療技術に関する研修(実習を含む)
場所・日程:別紙5のとおり(3~5日)

【北海道農業共済組合連合会】
2010年11月24日(水)~26日(金)
1日目
・創傷管理と治療
・牛の麻酔(硬膜外麻酔・蹄静脈麻酔・全身麻酔管理)
講師:三木 渉(企画研修部研修課)
2日目
・抗生物質療法
・乳房炎防除対策(群における乳房炎管理)
講師:草場信之(企画研修部研修課)
3日目
・牛臨床繁殖学の応用
・乳牛の栄養と飼養管理
講師:鈴木貴博(企画研修部研修課)

【山形県農業共済組合連合会】
3~5日程度(応相談)
肉牛の往診対応及び計画的予防診療活動

【兵庫県農業共済組合連合会】
3~5日程度(応相談)
・蹄病の診断と治療
・超音波診断による妊娠鑑定
・呼吸器病に対する臨床現場での対応
・牛群の疾病と栄養管理
講師:
嵐 泰弘(家畜部 臨床研修課)
荻野好彦(阪神基幹家畜診療所)
芝野健一(西播基幹家畜診療所)

【日本動物高度医療センターセンター】(神奈川県)
3~5日程度(応相談)
いくつかの実際の臨床症例(下記の疾患のうち)を通して、その画像診断法・治療方法・入院管理方法を見学することにより、また、セミナーを聴講することにより研修を行う。
・循環器系疾患
・呼吸器系疾患
・血液/造血器/リンパ網内系疾患
神経系疾患
・運動器(筋骨格)系疾患
腫瘍系疾患
・消化器系疾患
腎/尿路系疾患
内分泌/栄養/代謝系疾患
講師:小川博之、夏堀雅宏、松永 悟、福島 潮、小野憲一郎、平尾秀博(日本動物高度医療センター)

【北里大学】
附属動物病院(青森県)
3~5日程度(応相談)
・牛の麻酔法(硬膜外麻酔法)
・豚の麻酔法
・去勢牛の尿道瘻形成手術
・膀胱内カテーテル留置法
・臍ヘルニアの手術(Vest over pants 法)
・肉牛の栄養診断法(MPT)と農場検診の実際
・気管支肺胞洗浄による検査・治療
・肺生検
・血液ガス分析による肺機能の評価
・蹄葉炎の診断・治療
・X線画像診断(胸部、腹部、四肢骨格X線写真の読影と解説)
・断層画像検査(CT、MRI撮影と解説)
・獣医核医学診療(基礎教育、ガンマカメラによる撮影と診断、PET診断)
・高精度放射線治療(放射線治療計画、動物の高精度保定、高精度照射)
・内視鏡検査(消化管、気管支、膀胱)
・鏡視下手術(基本手技の解説と実技)
・検査に必要な麻酔法
講師:
渡辺大作(大動物外科学研究室)
及川正明(大動物内科学研究室)
和田成一(獣医放射線学研究室)
柿崎竹彦(獣医放射線学研究室)
岡野昇三(小動物第2外科学研究室)
獣医師生涯研修事業
プログラム認定の有無
獣医師生涯研修事業ポイント取得対象プログラム(3ポイント)
開催情報ホームページ https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/news/2010/20101028_01.pdf

お問合せ先

氏 名 古賀、駒田、長野
団体等 獣医療提供体制整備推進協議会
住 所  
郵便番号 107-0062
都道府県 東京都
市・区・町・村 港区南青山
番地等 1-1-1 新青山ビル西館23階 社団法人日本獣医師会内
電 話 03-3475-1601
FAX 03-3475-1604
E-mail nagano@nichiju.or.jp
URL https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/news/2010/20101028_01.pdf
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.