犬とねこの主な病気
  病気についてのミニ知識

ねこの主な病気

  1. 異常の見わけ方
      ねこは体を汚れたままにしておくことはないので、目やにが出たり目や口のまわりや顔が汚れたままになっているということは、どこか体に異常のある証拠です。もちろん元気や食欲がなくなったとき、下痢が続くとき、続けて吐くとき、あるいは水だけしか飲まないときなどは、他の動物と同様に具合の悪いときです。また病気のねこでは目がしらから目の表面をおおうように瞬膜(第3眼瞼)が現われることがあります。暑さが激しいと石の上などにうつぶせに寝ることもまれにはありますが、普通あまリ暑くないときにこのような姿勢で休むときは、高熱や重い病気にかかっていることが多いものです。
      以上のようにねこの体の具合が悪いときは、さまざまな症状を現わしますので、これらの症状に気をつけて病気の早期発見に努めなければなりません。

  2. ウイルス性伝染病
    ア.猫伝染性腹膜炎(FIP)
      原因:コロナウイルスによる伝染病で、年齢に関係なく感染します。
      症状:食欲がなくなり、体温が高くなって動きがにぶくなります。そのうち、おなかの周囲が大きくなり腹水がみられたり、胸に水が貯る(胸水)こともあります。また黄疸がみられることもあります。 予防:この疾気に対する有効なワクチンはまだありません。したがって、確実に予防することは出来ません。

    イ.猫汎白血球減少症(猫伝染性下痢症)
      原因:パルボウイルスによる伝染病ですが、犬のパルボウイルスとは少し性質が異ったウイルスです。
      症状:子ねこに多くみられますが、成猫でも感染します。食欲がなくなり、体温が40℃以上になって嘔吐や下痢がみられます。犬のパルボウイルス感染症と同じように、脱水が起り数日で死亡することがあり、血液検査によって、白血球の数が急激に少なくなることから、汎白血球滅少症とよばれています。
      予防:ワクチンを使用することによって、この病気を予防することができます。

    ウ.猫白血病(FeLV)
      原因:ねこの白血病ウイルスによって感染するといわれています。
      症状:この病気に感染したねこの多くに、リンパ肉腫という腫瘍がみとめられます。食欲がなくなって、少しずつやせてくると同時に、レントゲンによって、胸の中に腫瘍が発見されることが多く、徐々に体力が低下して死亡します。エ.猫伝染性鼻気管炎(FVR)
      原因:2種類のウイルスによって起る呼吸器の伝染病です。
      症状:鼻やのどの奥がウイルスによって感染を受けるので、ねこは涙を流したり、せき、くしゃみおよび鼻汁を出します。とくに子ねこでは、ひどい結膜炎が起り、失明することもあります。また、ひどいせきのため呼吸ができなくなることもあります。
      予防:この病気を予防するためのワクチンが日本ではまだ開発されていませんので、完全に予防することはできません。出来る限り早期に発見して、獣医師の指示を受けましょう。

  3. 猫泌尿器症候群 (FUS)
      原因:尿中の結石、あるいは何らかの原因で、尿道が閉鎖して尿の排泄が出来なくなる病気です。
      症状:主に比較的若い雄のねこにみられる病気で、尿の排泄が出来なくなることから、食欲がなくなり、嘔吐をくり返し、脱水を起します。そのまま放っておくと、意識不明となって死亡するので、早急に治療をしなければなりません。
      予防:原因が完全にわかっていないので、確実に予防することは出来ませんが、結石が出来ないように、餌を変えたりする必要があります。正しい餌のやり方を獣医師に指示してもらうことも必要です。

  4. 寄生虫病
      原因:犬と同様にねこの消化器の寄生虫には回虫、鈎虫、条虫、コクシジウムなどがあります。
      症状:食欲のむら、下痢、ときには嘔吐なども見られ、やせて毛づやも悪くなります。
      予防と駆虫:環境を清潔にすることはとくに大切で、また寄生虫の種類によって薬の種類や投薬方法も異なりますので、定期的に糞便を検査してから駆虫を行うのが良いでしょう。

  5. くる病
      原因:ビタミンDやカルシウムの給与が不足すると起り、とくに若いねこに見られます。
      症状:ねこのくる病では足がまがったり、関節がはれたりするような犬に見られる症状がなく、原因不明のビッコをひいたり、高い所へ登ることを嫌ったり、また抱きあげると痛みをうったえたりします。
      予防:若い発育期には、とくに骨の発達に必要なカルシウム(牛や豚の骨、または魚の硬くない骨)を十分に与えることと、日光浴を十分にさせることが、必要です。とくに偏食は避けなければなりません。