English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
関係通知
日付 文書番号 文書名 カテゴリ
平成29年03月09日 28日獣発第 311号 狂犬病組織培養不活化ワクチン使用説明書(添付文書)改訂について iconicon
平成29年03月06日 29事務連絡 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部改正について(施行通知) iconiconiconicon
平成29年02月28日 28日獣発第 301号 佐賀県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に伴う防疫対策の徹底について iconiconicon
平成29年02月14日 28日獣発第 293号 高病原性鳥インフルエンザの発生予防対策の強化及び徹底について iconiconicon
平成29年01月25日 28日獣発第 274号 岐阜県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に伴う防疫対策の徹底について iconiconicon
平成29年01月10日 28日獣発第 261号 熊本県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に伴う防疫対策の徹底について iconiconicon
平成29年01月10日 28日獣発第 260号 平成28年度の年末・年始及び春節における口蹄疫等に関する防疫対策の強化について iconiconicon
平成29年01月04日 28事務連絡 高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物及び高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の処分期間内の早期処理に関する周知徹底について iconiconiconiconicon
平成28年12月28日 28日獣発第 252号 宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に伴う発生予防対策の徹底について iconiconicon
平成28年12月28日 28日獣発第 251号 北海道における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に伴う発生予防対策の徹底について iconiconicon
平成28年12月28日 28日獣発第 250号 高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及等について iconiconicon
平成28年12月09日 28事務連絡 韓国の家きんにおける高病原性鳥インフルエンザの疑い事例について iconiconicon
平成28年12月09日 28日獣発第 233号 新潟県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(2 例目)に伴う発生予防対策の徹底について iconiconicon
平成28年12月07日 28日獣発第 229号 高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及等について(新潟県) iconiconicon
平成28年12月07日 28日獣発第 228号 高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識の普及等について(青森県) iconiconicon
平成28年12月07日 28日獣発第 227号 青森県及び新潟県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に伴う監視体制の強化について iconiconicon
平成28年10月12日 28日獣発第 192号 平成28 年度における高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策の強化について iconiconicon
平成28年10月12日 28日獣発第 191号 飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部改正(いのししの豚・家きん・養殖魚用飼料への利用)について iconiconicon
平成28年10月11日 28事務連絡 動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令の制定について iconiconicon
平成28年10月11日 28事務連絡 食品衛生法施行規則の一部を改正する省令及び食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について iconiconicon
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.