English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第77号

  日本獣医師会ホームページのURLは、サーバーの移行に伴い
  http://nichiju.lin.gr.jp/に変更されました。


    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第77号 ◆◇◆◇◆


                                                         2010年10月8日(金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┃                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 2010動物感謝デーは、好天に恵まれ、約2万1千人の来場者を得て盛会裡に開催されました。
 本年は、センターステージの上で、狂犬病臨床研究会の協力による狂犬病予防法施行60周年
記念の特別企画が行われ、また、農場どないすんねん研究会協力による獣医師の仕事紹介、
さらにニッポン放送のラジオ番組の収録もあり、ステージ前がいつも賑わっていました。

 また、例年人気のある日本獣医師会の「一日獣医師体験」、都立園芸高校による動物ふれあい
コーナー、JRAの乗馬体験は行列ができるほどのにぎわいで、JKC、東京都家庭動物愛護協会、
聴導犬普及協会等の企画したアトラクションスペース、東京農工大学のミニホースにも来場者が
集まっていました。

 展示スペースでは、企業展示も人気がありましたが、地方獣医師会のブースで頒布された乳製品
肉類等の食品がとても評判がよい一方で、来場者が当日の様子を紹介したブログでは、コマーシャル
ベースでない、まじめなイベントとして好印象を持たれて、パネル展示等のブースも評価されている
ようでした。

 当日は、動物関連団体、企業、そして地方獣医師会関係者のほか、約180名の獣医学生ボランティア、
約50名の動物看護職ボランティアの応援も得て、「獣医師会が開催する秋の動物イベント」として、
4年の実績を経て定着してきたという印象が、来場者からの反応から感じられました。多数の方から、
「毎年ステップアップしてきましたね。」という感想もいただいたところです。

 2010動物感謝デーにご後援、ご協賛、ご協力に、心から感謝いたします。
 なお,当日の様子の一部は10月11日(祝)午後3時30分からニッポン放送でラジオ放送されるので、
聴いてください。





       ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
    ○        ホームページサーバーの移行に関する注意           ●
    ●サーバー移行に伴い、一部のコンテンツは調整中でアクセスできなくなっています。○
    ○調整が終了するまでしばらくお待ちください。                              ●
       ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう
推薦を願います。獣医師以外の方も購読可能ですので申し込みください。

■■■ 「口蹄疫現地産業動物診療活動復興支援義援金」の募集 ■■■
 本会の支援活動の一環として、現地の産業動物診療獣医師を支援するための義援金の募集を行いました。
 募金状況の結果につきましては、日本獣医師会ホームページをご覧ください。多くの関係団体、関係者の方々
から多額の寄付をいただきました。厚くお礼申し上げます。

■■■ 動物感謝デー in Japanについて ■■■
 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/
 2010動物感謝デーの様子は、準備が整い次第、このページに紹介いたします。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたいものを
紹介します。


 ◆トピックスに、獣医療における「ホメオパシー」対応の考え方を掲載しました。本会と日本獣医学会との連名で、
  日本学術会議会長談話に賛意を表したものです。一読してください。
 ◆トピックスに、「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」の制定について掲載しました。
  今後10年間の獣医療提供に関する施策の方向性を定めたものです、ぜひ、一読してください。
 ◆トピックスに、獣医師および獣医師会をめぐる事情を掲載しました。内容を確認してください。
 ◆新着情報には、水際における狂犬病対策、高病原性鳥インフルエンザの防疫等の情報を掲載しています。
 ◆これまで新着情報に掲載していた、地方公務員等の獣医師及び大学教員等の募集、学会・セミナーの開催に
  ついての広報は、それぞれ、学会・セミナー、人材募集のコーナーに移してまとめたので確認してください。

 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容が掲載されています。確認してください。

●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   また、前期の任期終了に際して各委員会で取りまとめられた報告書は、日本獣医師会からの提言・報告に
   まとめて掲載されていますので、興味のあるものから目を通してください。

   部会委員会における検討は、日本獣医師会の活動の中で重要な位置を占めるものです。一読ください。

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

●学会活動
      平成22年度の日本獣医師会獣医学術学会年次大会は、岐阜県岐阜市の長良川国際会議場及び岐阜都ホテル
  にて、平成23年2月11-13日に開催の予定です。
   大会に関する情報は、最新の内容を本ホームページに掲載する予定ですので、確認してください。
   (現在平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会の1stアナウンスメント、演題申し込みの
    リンク等を掲載しています。また、近日中に2ndアナウンスメントを掲載します。)

   地区大会・学会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付して
   いただく、または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp
   また、このコーナーからは、地区学会の講演要旨を読むことができます。地区によって
  掲載状況が異なるので、アクセスして、確認してください。



 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会
  会員サイトで紹介したいと思われる場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー
  情報の掲載申込」の項目から掲載をクリックして申し込んでください。
  (人材募集野掲載も同様に申し込めます。)
 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報を送ってください。


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  平成22年度の手引きは、日本獣医師会雑誌4月号に掲載するとともに、このサイトに掲載しているので、
 紛失された場合等、内容はこのコーナーから確認してください。



    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ● 知り合いの方に未購読の方がいたら、ぜひ購読を勧めてください ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)10月号について ■■■
 ★10月号は、10月10日ごろに発刊の予定です。主な内容は以下のとおりです。

 ●論  説:獣医学系大学家畜病院(動物医療センター)の産業動物臨床に果たす役割   小岩政照
 ●提言・要請:獣医師及び獣医療関係施策の推進の要請活動
      :獣医療における「ホメオパシー」対応
 ●解説・報告:宮崎県口蹄疫発生第6例目(水牛農場)に遭遇した臨床獣医師からの報告   池亀康雄
      :犬ブルセラ病と清浄化に向けての課題                   片岡 康
      :-地方行政における動物の福祉・愛護対策への取り組み(Ⅴ)-
       宮城県動物愛護センターにおける動物愛護事業               小山田善治郎
      :-日本で使用されている動物用ワクチン(Ⅶ)-
       牛用ワクチンの概説
        8 マンヘミア・ヘモリカ(1型)感染症ワクチン(不活化・混合不活化ワクチン)及び
         パスツレラ・ムルトシダ感染症ワクチン(3種混合不活化ワクチン)
        9 牛クロストリジウム・ボツリヌス感染症ワクチン(トキソイド)    永井英貴
      :-最近における小動物臨床情報(Ⅵ)- 動物画像センターの現況報告    堂阪彩子 他
 ●行政・獣医事:日本獣医師会会長と宮崎県口蹄疫関係者との意見交換及び現地視察
       :第3次獣医療基本方針と今後の対応等
            :関係省庁・団体・機関からの通知等(平成22年8月分)
 ●地方獣医師会の取り組み:名古屋市獣医師会の動物愛護事業の取り組み         駒崎精彌
 ●診療室 :ペットは社会問題の鏡                           亀田由香利
 ●案  内:平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(岐阜)の参加登録
 ●お知らせ:職域別部会部会委員会の開催状況(平成22年9月末日まで)
 ●獣医師生涯研修事業のページ:Q&A 小動物編

 ☆ 日本産業動物獣医学会誌
    短 報 を 掲 載

 ☆ 日本小動物獣医学会誌
    原  著:PKD1遺伝子変異が認められ長期間観察した多発性嚢胞腎猫の嚢胞液の変化 佐藤れえ子 他

 ☆日本獣医公衆衛生学会誌
    資 料 を 掲 載




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp まで連絡してください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月10日ごろに発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、申し込みください。また、配信を希望される方を紹介
願います。

─────────────────────────────────────

◆(社)日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

              (社) 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
       ―動物と人の健康は一つ。そしてそれは地球の願い。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:webmaster@nichiju.or.jp

**************************************************************************




当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.