English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第75号

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第75号 ◆◇◆◇◆



                                                         2010年8月9日(月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://ippan.nichiju.or.jp/font.html             ┃
┃                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 東京では、7月の梅雨明けから酷暑が続いています。新聞紙上にも「真夏日」、「熱帯夜」などの
見出しが踊っていますが、最近「猛暑日」という言葉をよく目にします。「1日の最高気温が35℃を
超える日」だそうですが、暦の上でははもう秋、いつまでこの暑さが続くのでしょう。

 宮崎県では、ようやく移動制限が解除されました。5日には、今回の口蹄疫対策を検証する
第三者委員会が開催され、日本獣医師会からは山根会長が座長として参画して、検討が始まり
ました。我が国のほとんどの獣医師にとって、今回の口蹄疫は、初めて経験する「典型的な海外
悪性伝染病」でした。ゴールデンウイーク前後からの猛烈な病気の拡がり、これまでに経験した
疾病とは異なる伝播力の強さには、一種の空恐ろしさとも言えるような不安を感じたものです。

 今回の発生においては、畜産に直接係わる家畜衛生分野、産業動物臨床分野以外の様々な職域の方々
も「獣医師として、なにか自分にできることはないか?」と自問されたことと思います。そして、現地に
駆けつけて防疫に携わった獣医師もあれば、また、現地の状況を思いやりながら募金に応じた獣医師も
多数いたことでしょう。

 実際に自らが防疫対応に直接携わっていなくても、募金をしたこと、獣医師として一般の方々と話し
をしたこと、現地の情勢に心を砕いたこと等、たとえ濃淡はあったとしても、すべてのことが今回の
口蹄疫の発生が我が国の獣医師にもたらした貴重な経験であったはずです。そして、必ずやそのすべて
の経験が今後の家畜防疫の推進に、畜産の発展に、さらに獣医師と獣医療の発展に役立つものと考えます。

 完全な清浄化に向けて、未だ油断はできません。むしろ、近隣諸国の発生状況等を考慮すると、我が国
の口蹄疫が清浄化されたとしても、再度の侵入に備えて緊張を強いられる状況が続くことと思われます。
今後とも、獣医師がそれぞれの立場で、本病への対応を含む感染症に対する危機管理について認識を
深めていただきたいと願っています。


 日本獣医師会は、今後も、関係分野の調整、情報提供等、期待される役割を果たしてまいりますので、
ご支援をお願いします。



       ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
    ○        ホームページサーバーの移行に関する注意           ●
    ●サーバー移行に伴い、一部のコンテンツは調整中でアクセスできなくなっています。○
    ○調整が終了するまでしばらくお待ちください。                              ●
       ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう
推薦を願います。獣医師以外の方も購読可能ですので申し込みください。

■■■ 「口蹄疫現地産業動物診療活動復興支援義援金」の募集 ■■■
 本会の支援活動の一環として、現地の産業動物診療獣医師を支援するための義援金の募集を行います。
 募金状況の結果につきましては、日本獣医師会ホームページをご覧ください。多くの関係団体、関係者の方々
から多額の寄付をいただきました。厚くお礼申し上げます。

■■■ 動物感謝デー in Japanについて ■■■
 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/
 2010動物感謝デーは、平成22年10月2日(土)開催予定です。イベント情報は、今後続々とこのサイトに掲載
されていきます。注目してください。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたいものを
紹介します。

 ◆口蹄疫に関する情報、本会の対応等については、地方獣医師会に通知すると同時に新着情報に掲載します。
  常に情報は更新されますので、注目してください。トピックスの上部にある「口蹄疫関連情報」のリンクからも
  閲覧が可能です。
 ◆トピックスに、マイクロチップによる動物個体識別推進の手引きを掲載しました。マイクロチップによる動物ID
  について、総括的に取りまとめたものです。一読してください。
 ◆トピックスに、日本獣医師会、獣医師会活動指針の制定について掲載しました。このメルマの最後にも掲載していますが、
  今後―動物と人の健康は一つ、そしてそれは地球の願い。―という活動指針を様々な場で目にすることになると思います。
  その趣旨等について、一読の上、理解ください。
 ◆新着情報には、ニホンザルの出血症のほか、狂犬病ワクチン等に関する情報を掲載しています。
 ◆その他新着情報には、地方公務員等の獣医師及び大学教員(大阪府立大学、山口大学等)、その他の募集についての広報
  が多数掲載されています。興味のある方は、確認してください。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容が掲載されています。確認してください。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   また、前期の任期終了に際して各委員会で取りまとめられた報告書は、日本獣医師会からの提言・報告にま
  とめて掲載されていますので、興味のあるものから目を通してください。

   部会委員会における検討は、日本獣医師会の活動の中で重要な位置を占めるものです。一読ください。

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

●学会活動
      平成22年度学会年次大会は、岐阜県岐阜市の長良川国際会議場及び岐阜都ホテルにて、平成23年2月11-13日
  に開催の予定です。
   大会に関する情報は、最新の内容を本ホームページに掲載する予定ですので、確認してください。
   (現在平成22年度学会年次大会の1stアナウンスメント、演題申し込みのリンク等を掲載しています。)

   地区大会・学会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付していた
  だく、または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp
   また、このコーナーからは、地区学会の講演要旨を読むことができます。地区によって
  掲載状況が異なるので、アクセスして、確認してください。



 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会
  会員サイトで紹介したいと思われる場合は、「学会セミナー情報の掲載申込」の項目から掲載を
  申し込んでください。「学会セミナー情報」の項目に掲載します。

 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報を送ってください。

●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  平成22年度の手引きは、日本獣医師会雑誌4月号に掲載するとともに、このサイトに掲載しているので、
 紛失された場合等、内容はこのコーナー  から確認してください。



    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進期間中           ○
    ● 知り合いの方に未購読の方がいたら、ぜひ購読を勧めてください ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)8月号について ■■■
 ★8月号は、8月10日ごろに発刊の予定です。主な内容は以下のとおりです。

  ●論  説:人と動物の共通感染症対策における連携:One Health              山田章雄
  ●提言・指針等:「日本獣医師会・獣医師会活動指針」の制定
  ●会議報告:第67回通常総会の開催
       :第2回日本獣医師会理事会の開催
  ●解説・報告:-地方行政における動物の福祉・愛護対策への取り組み(Ⅲ)-
         青森県動物愛護センターの事業の概要  大西良雄
       :-日本で使用されている動物用ワクチン(Ⅴ)-
              牛用ワクチンの概説
        3 牛アデノウイルス感染症ワクチン                     齋藤明人
        4 牛ロタウイルス感染症ワクチン(3価不活化ワクチン)及び牛コロナウイルス
          感染症ワクチン不活化・混合不活化ワクチン                石丸雅敏
  ●行政・獣医事:獣医学教育における「参加型臨床実習」の取り組みとその実施にあたっての獣医師法第17条の適用関係
        :農林水産省における「口蹄疫防疫措置実施マニュアル」の作成
        :ダニ媒介脳炎に関する厚生労働省からのQ&A
               :関係省庁・団体・機関からの通知等(平成22年6月分)
               :動物用医薬品副作用症例報告(平成17年12 月分)
  ●意  見:横浜市獣医師会が意見広告掲載を通じ目指すもの                越久田 健
  ●診療室:「Give and Take」の理念                           森田泰典
  ●紹  介:日本獣医師会による口蹄疫現防疫支援のための獣医師派遣に参加して       淺沼健太
  ●行事等案内:2010動物感謝デー in Japan
  ●お知らせ:職域別部会部会委員会の開催状況(平成22年7月末日まで)
  ●獣医師生涯研修事業のページ:Q&A 小動物編



 ☆ 日本産業動物獣医学会誌
   原  著:血清検査においてブルセラ病と診断された輸入牛から分離された
          Ochrobactrum intermediumの同定事例                   山本和明 他


 ☆ 日本小動物獣医学会誌
   原  著:アンジオテンシン変換酵素阻害薬とスピロノラクトンを併用した
        僧帽弁閉鎖不全犬の血漿カリウム濃度の推移                  佐々木 慎哉 他
       :猫用3種混合生ワクチン中からのRD114ウイルスの検出とその試行的安全性評価   成嶋理恵 他

 ☆ 日本獣医公衆衛生学会誌
   資 料 を 掲 載


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp まで連絡してください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月10日ごろに発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、申し込みください。また、配信を希望される方を紹介
願います。

─────────────────────────────────────

◆(社)日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

              (社) 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
       ―動物と人の健康は一つ、そしてそれは地球の願い。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:webmaster@nichiju.or.jp

**************************************************************************




当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.