English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第147号


    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進中             ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第147号 ◆◇◆◇◆


                                                        2016年8月29日(月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
会長短信「春夏秋冬(37)」
「AIPO活動の再開への期待」

 7月21日、動物ID普及推進会議(AIPO)の幹事会が開催されました。
  公益法人制度改革や東日本大震災等により、前回の幹事会から3年半ぶりの開催となりました。

 AIPOは、日本動物愛護協会、日本動物福祉協会及び日本愛玩動物協会の3団体で構成される
 全国動物愛護推進協議会、並びに日本獣医師会で構成されており、平成14年に発足しました。

 その目的は、「犬、猫等の動物の飼養者の飼養責任と義務を明確にするため、マイクロチップ
 (MC)による犬、猫等の動物の個体識別(動物ID)を普及・推進すること」です。

 日本獣医師会は、MCを活用した動物登録事業を平成9年度から開始しましたが、初期の登録は
 微々たるものでした。

 しかし、その後のAIPO及び本会の尽力により登録頭数は漸増し、平成27年度の登録頭数は20万頭を超え、
 現在の累計登録頭数は137万頭となっています。

 このような成果も踏まえ、平成24年9月に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」附則第14条
 において「改正法施行後5年を目途として、販売の用に供される犬、猫等にMCの装着を義務付けることに
 向けて検討を加え、必要な措置を講ずる」こととされています。

 本会では、平成30年度に予定される法改正において、このMC装着の義務付けが確実に規定されるよう、
 特別委員会を設置してロードマップに従い検討を進めています。

 このAIPO幹事会の再開もその一環としての取組です。

 幹事会では、AIPOの普及活動によりMC装着についての国民の理解を深め、平成30年度には販売業者への
 装着の義務化、販売用以外の犬・猫には次の法改正で義務化を目指したいとして意見の一致を見ました。

 一方、MC装着についての現場の獣医師の認識が低いので本会主導で意識改革を図る必要があり、
 AIPOの体制や規程等についても見直す必要があります。

 また、MCは災害時に有効であるためペット災害対策推進協会にも構成団体となってもらってはどうか等の
 課題も指摘されました。
 これらについては、次回の幹事会で協議を行い、平成30年度の法改正の前までには結論を出していくことに
 なりました。

 このほか、MC装着の義務付けについては、本会が愛玩動物のMCデータベースの管理者となっているISO規格
 動物用電子タグ協議会の活動も再開され、MC関係企業の組織化も確認されました。

 また、データベースの一元化に向けて、種々課題は有りますがジャパンケネルクラブとの意見交換も実施しています。

 期待通りMC装着の法的義務化が実現すれば、MCの装着及び登録事業は、狂犬病予防事業と並び地方獣医師会に
 とっても極めて重要な法律に基づく公益事業となります。

 そのためには、AIPO幹事会でも指摘されたように、地方獣医師会及び会員獣医師の皆さんのご理解と実践が不可欠です。

 会員獣医師が個別診療等においてMCを装着し、それを地方獣医師会が取りまとめて飼い主に代行して登録申込を行う
 体制を確立すること等も考えています。

 その実現のためにも、地方獣医師会や会員獣医師をはじめ、AIPO等関係団体との協力体制を構築し、MCの装着及び
 登録事業に対する国民のご理解を得ていく必要があります。

 ともに尽力して参りましょう。

   平成28年8月29日 公益社団法人 日本獣医師会 会長 藏内勇夫





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 立秋を迎えた後が暑さの本番、東京でも秋とは名ばかりの暑い日が続いていますが、今年は特に
 西日本で高温が続いているとのことです。

 一方、北海道では台風が連続して上陸して被害が出ています。

 今年は台風の進路も例年とは違うようで、被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

 この暑さの中で、一層国民を熱くさせたのがリオ五輪。

 メダルラッシュに沸きましたが、史上初となるバドミントン女子ダブルスの金メダルや
 卓球男子個人のメダル、また、女子レスリングの4つの金メダル。

 どの試合を見ても土壇場での逆転、競り合いの強さに驚きます。
 「精神面の弱さを指摘され続けてきた日本の若者は、いつからこんなに瀬戸際に強くなったのか。」
 と目を丸くするばかりです。

 まさに、「後生畏るべし。」との孔子の言葉どおりであり、また、女性の活躍にも驚かされました。

 振り返れば、わが獣医界にも、厳しい受験戦争を勝ち抜いた多くの女性を含むとても優秀な後生が控えています。
 「近頃の若い者は・・・」などという愚痴は、間違っても言わないようにしようと自戒するこの頃です。

 11月10日・11日には、北九州市で”One Health”に関する国際会議が開催されます。
 多数のご参加をお待ちしています。



■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう
 推薦をお願いします。
 獣医師以外の方も購読可能ですのでお申し込みください。

■■■ 女性獣医師応援ポータルサイト-女性獣医師の「いきいきと働く」を応援します!-の開設について■■■

 日本獣医師会では、女性獣医師の就業を支援する「女性獣医師応援ポータルサイト-女性獣医師の
 『いきいきと働く』を応援します!-」を開設しました。
 本会ホームページのトップページにリンクのアイコンを掲載しています。
 ぜひご覧ください。

■■■ 世界獣医師会-世界医師会”One Health”に関する国際会議について(2nd GCOH)■■■

 2nd GCOHのサイト:http://www.trans-uni.co.jp/2ndGCOH/index.html

  2nd GCOHは、11月10,11日(木、金)、北九州市小倉北区リーガロイヤルホテル小倉にて開催する予定です。
 詳細は上記ホームページで紹介し、7月1日から事前登録の受付を開始しましたので、ご覧ください。
 (日本獣医師会ホームページ上段にアクセスリンクを貼っています。)

■■■ 動物感謝デー in JAPANについて ■■■

 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/

  2016動物感謝デーは、11月12日(土)、北九州市小倉北区に場所を移して開催する予定です。
 詳細が決定次第、本ホームページで紹介しますので、ご覧ください。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたいものを紹介します。

 ◆トップページの上段に「第2回世界獣医師会-世界医師会”One Health”に関する国際会議」のリンクを設けました。
  11月10、11日福岡県北九州市における国際会議のご案内です。
 ◆トップページの上段に「熊本地震への日本獣医師会の対応」のコーナーを設けました。
  今後、熊本地震については、このコーナーから情報を発信します。
 ◆トピックスに、 「日本獣医師会から陸自第12ヘリコプター隊 第1飛行隊に会長感謝状贈呈」に関する
  プレスリリース、昨年の関東地方での豪雨の際の飼い犬の救助に関する表彰について掲載しています。
 ◆トピックスに、本年9月ホーチミン・ベトナムで開催されるFAVA大会のサイトへのリンクを掲載しています。
 ◆トピックスに、獣医学術学会年次大会(石川)の開催に関する第1次アナウンスメント、演題登録開始について掲載しています。
  ◆トピックスに,日本獣医師会への学術論文の電子投稿・審査システムについて掲載しています。
 ◆新着情報に、動物愛護管理法施行規則一部改正省令の施行について掲載しています。
  ◆新着情報・人材募集に、臨床獣医師、公務員等の獣医師及び大学教員等の募集を多数掲載しております。
 ◆学会・セミナーの開催についての広報は、新着情報の他、それぞれ、学会・セミナーに移してまとめましたのでご確認ください。
 ◆トピックス上段に、ぜひお知らせしたい情報を一括掲載しています。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容を掲載しています。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。

   日本獣医師会は、特別委員会、部会委員会における検討の成果を踏まえ、関係省庁等への要請活動を含め各般の
   事業活動を行っています。ぜひ、ご一読ください。

●学会活動
   平成28年度の大会は、石川県金沢市の石川県立音楽堂等にて開催の予定です。
   大会の情報は、今後随時本大会のホームページに掲載いたしますのでご注目ください。

   地区学会・大会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付していただくか、
   または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp


 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報の日本獣医師会会員サイトでの
  紹介を希望する場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー情報の掲載申込」の項目を入力し、
  掲載をクリックしてできるだけ早めに申し込んでください。
  (人材募集の掲載も同様に申し込めます。)


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、ホームページ左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  なお、平成27年度の申告については、獣医師生涯研修センターシステムからEメールにてご案内いたしましたが、
  Eメールの登録がお済みでない方にはご案内できませんので、お早めにご登録ください。
  また、申告の手続きを行われた方には、メールにて申告の結果をお知らせしています。

■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)8月号について ■■■

 ★8月号は8月上旬に発刊し、構成獣医師各位に発送いたしました。主な内容は以下のとおりです。

 ●巻頭言   :第73回通常総会 会長挨拶  藏内勇夫
 ●会議報告  :第73回通常総会の開催
        :平成28年度第2回理事会の開催
 ●解説・報告 :
        ・-最新の疾病情報(XIX)- 家畜のブルセラ病  大・慎人
 ●行政・獣医事:
        ・関係省庁・団体・機関からの通知等(平成28年6月分)
 ●お知らせ  :職域別部会の部会委員会の開催状況(平成28年7月末日まで)
 ●獣医師生涯研修事業のページ:
        ・Q&A 小動物編
        ・平成28年度獣医師生涯研修事業のポイント取得対象プログラムのご案内

☆日本獣医師会学会学術誌
 ・産業動物臨床・家畜衛生関連部門
  短  報  :分娩後乳房炎リスク因子の検索及び乾乳軟膏注入による同リスク因子低減効果   瀬戸隆弘 他
  資  料  :家畜衛生研修会(病性鑑定病理部門、2015)における事例記録(Ⅰ)

 ・小動物臨床関連部門
  原  著  :ヨツユビハリネズミの全身麻酔に伴う低体温と保温の効果           海野ひろみ 他
  原  著  :国内1次診療動物病院26施設における犬と猫の腫瘍発生状況調査         入江充洋 他

 ・獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
  原  著  :新潟県内で分離されたSalmonella Infantisのパルスフィールドゲル電気泳動及び薬剤耐性による型別 
                                               佐藤 博 他



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他本会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp までご連絡ください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月中旬に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、お申し込みください。また、配信を希望される方を
ご紹介願います。

─────────────────────────────────────

◆公益社団法人 日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

            公益社団法人 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
           ―いのちみつめる。いのち育む。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:ask@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.