English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第135号


    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進中             ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第135号 ◆◇◆◇◆



                                                        2015年8月19日(水)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
会長短信「春夏秋冬(25)」

新役員体制でのスタート

 平成27年7月23日、新役員体制になって初めての業務運営幹部会、いわゆる三役会議を開催しました。
 通常総会でご報告した平成27年度事業計画を実行に移すスタートです。重要な課題については、ビジ
 ョンとミッションを明確にし、グランドデザインを描いてロードマップに従ってスピード感を持って
 臨む、このことを改めて確認しました。
 協議後、本会三役と日本獣医師政治連盟四役との合同で、関係省庁及び与党議員連盟の幹部に挨拶に
 伺いました。農林水産省、環境省及び文部科学省では、大変お忙しい中にもかかわらず、大臣と直接
 意見交換をさせていただく機会を得ました。
 林農林水産大臣とは、動物看護師の公的資格化によるチーム獣医療提供体制の強化のほか、特に女性
 獣医師の就業支援対策について話題となりました。20~30歳代の獣医師及び獣医学生の半数近くは女
 性で、しかも女性獣医師の約7%が無職であるため、就業率が改善されれば獣医系大学の新設は全く
 不要である旨主張すると、大臣は強い関心を示されました。幸い、平成27年度農林水産省予算で女性
 獣医師に対する就業支援対策を新たに措置していただきました。この事業を活用し、女性獣医師の再
 就職を推進して行きたいと考えています。
 望月環境大臣とは、動物愛護管理法に基づき、平成30年度を目途に予定されている販売用の犬、猫等
 へのマイクロチップ装着の義務化、情報管理体制の一元化等について意見交換を行いました。次回の
 法改正の際には、これらについて必ず実現していただくよう要請を行い、大臣にもご理解をいただき
 ました。本件については、北村政治連盟委員長にも積極的にご指導・ご支援をいただいており、大変
 力強く感じています。
 下村文部科学大臣とは、6月末に閣議決定された「日本再興戦略」に記載された成長戦略特区による
 「獣医系大学の新設に関する検討」について意見交換を行いました。私からは、本記載内容には大き
 な壁が幾つもあり、実質的に獣医系大学の新設は困難と考えている旨、強く主張しました。これに対
 し大臣は、「新たな提案が出て来ないと話にならない」として見解についての明言を避けました。
 一方で、過去に議論された大学の統合に強く関心を示されていました。いずれにしても本件は気が抜
 けない状況であり、相当の覚悟を持って対応して参りますので、皆様の全面的なご協力とご支援をお
 願いいたします。
 厚生労働省では医師である結核感染症課長等と意見交換を行いました。人と動物の共通感染症対策や
 医師会と獣医師会との学術連携について、同課長からは積極的に支援したい旨の回答を得ました。
 与党議員連盟幹部との意見交換においても、①大学新設の阻止、②動物看護師の公的資格化、
 ③女性獣医師の支援対策、④人と動物の共通感染症対策、⑤マイクロチップ装着の義務化等について
 意見交換を行い、いずれについても全面的な賛同を得ました。
 このように私たちは、皆様にお約束した課題の実現に向け、政治活動を含め積極的に行動しています。
 しかし、常々お願いしていますように、これらの課題解決のためには、日本獣医師会と地方獣医師会が
 表裏一体となり、共通の問題意識と価値観を持って共に行動することが不可欠です。そして、このよう
 な我々の活動が広く国民の支持を得ることができるよう、不断の努力が必要であることも忘れてはなり
 ません。地方獣医師会におかれても新体制でのスタートを切っておられるものと思いますが、引き続き
 皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

 平成27年8月19日

  公益社団法人 日本獣医師会 会長 藏内勇夫


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「うだるような暑さ」。炎天下の屋外では息をするのも苦しくなるような暑さが続いていた東京も、
 立秋を過ぎて少し過ごしやすくなりました。各地では猛暑だけでなく、豪雨の被害も伝えられています。
 お気を付けください。

 ようやく日が落ちても気温が下がる様子もない熱帯夜、愛犬と散歩に出たところ、透水性の材質の歩道に
 べったりと腹部をくっつけて猫が寝そべっています。いつもなら犬が近づくとサッと飛びのき、歯をむき
 出して威嚇するのですが、この夜はすぐそばまで行くとやおら立ち上がり、けだるそうな様子で去ってい
 きました。
 「おや?」と思って透水性の歩道とそばのアスファルトの車道を手で触れて比べてみると、確かに透水性
 歩道のほうが温度が低い。含まれた雨水が蒸発して気化熱を奪っているのか、比熱の関係なのか。厳しい
 環境の中で生きる動物はたいしたものだと、妙に感心させられました。

 透水性ブロックというと、豪雨の時に雨水を地下に逃がして洪水を防ぐためのものと思っていたのですが、
 インターネットで調べてみると、「夏期の都市部のヒートアイランド現象の緩和に役立つだけでなく、
 湧水を復活させたり、樹木や草花を生長させ緑を再生する。」等の効能が説明されています。
 猫から学んだおかげで、最近我が家の周りに増えてきた透水性の歩道にも一層のありがたみが感じられよ
 うというものです。

 暑さももう一息。読者の皆様も元気でこの夏を乗りきりましょう。来月のメルマでは「めっきり涼しくな
 りました。」とご挨拶ができればいいのですが。


■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう推薦を
 お願いします。獣医師以外の方も購読可能ですのでお申し込みください。

■■■ 動物感謝デー in JAPANについて ■■■

 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/

  2015動物感謝デーは、10月3日(土)、都立駒沢公園で開催されます。
 開催内容については、このホームページで報告いたします。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたい
 ものを紹介します。

 ◆平成26年度獣医学術学会年次大会のシンポジウムの動画配信を(株)Zpeerの協力により開始しました。
  トピックスからアクセスできますので、ぜひご覧ください。
 ◆トピックスに、藏内会長が講演を行った世界獣医師会/世界医師会の国際会議の報告(英文、日本語の
  概略は日本獣医師会雑誌7号に掲載)を掲載しています。ご一読ください。
  ◆トピックスに、9月に開催される第32回世界獣医学大会(イスタンブール)について掲載しています。
  ご一読ください。
 ◆トピックスから岡山県年次大会でのシンポジウムの動画(医師会との連携シンポジウム等)がご覧になれます。
 ◆新着情報に獣医師法第8条第2項に該当する獣医師の処分について掲載しています。必ず、ご一読ください。
 ◆新着情報・人材募集に、臨床獣医師、公務員等の獣医師及び大学教員等の募集を多数掲載しております。
  ご一覧ください。
 ◆学会・セミナーの開催についての広報は、新着情報の他、それぞれ、学会・セミナーに移してまとめま
  したのでご確認ください。
 ◆トピックス上段に、ぜひお知らせしたい情報を一括掲載しています。ご一読ください。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容を掲載しています。ご確認ください。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討
   されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   任期(平成25-26年度)を終え、特別委員会を含め各委員会からの報告が掲載されますので
   ご確認ください。

   日本獣医師会は、特別委員会、部会委員会における検討の成果を踏まえ、関係省庁等への要請活動を
   含め各般の事業活動を行っています。ぜひ、ご一読ください。

●学会活動
   平成27年度の大会は、秋田県秋田市の秋田キャッスルホテル等にて開催の予定です。
   今後、本ホームページにおいて情報提供をしてまいりますので、ご注目ください。
   また、このホームページにおいて、地区学会長賞受賞講演、一般申込演題(一般公演、研究報告)の
   受付を行っています。皆様のお申し込みをお待ちしております。

   地区学会・大会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付して
   いただくか、または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp


 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会
  会員サイトで紹介を希望する場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー情報の掲
  載申込」の項目から掲載をクリックして申し込んでください。
  (人材募集の掲載も同様に申し込めます。)
 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報をお送りください。


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、ホームページ左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  また、平成27年度の申告書・申請書(ポイントシール利用分を含む。)は、上記「獣医師人材養成」に
  掲載しますので、プリントアウトして申告時にご利用ください。


■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)8月号について ■■■

 ★8月号は、8月10日頃発刊し、構成獣医師各位に発送いたしました。主な内容は以下のとおりです。

 ●巻 頭 言:第72回通常総会 会長挨拶  藏内勇夫
 ●会議報告:第72回通常総会の開催
      :平成27年度第2回理事会の開催
      :平成27年度第3回理事会の開催
 ●解説・報告: -最新の家畜疾病情報(Ⅷ)- 腐蛆病  髙松大輔
 ●行政・獣医事:関係省庁・団体・機関からの通知等(平成27年6月分)
 ●診療室:地方の動物病院として  草村正人
 ●獣医師生涯研修事業のページ:
       ・Q&A 小動物編
       ・平成27年度獣医師生涯研修事業のポイント取得対象プログラムのご案内


☆日本獣医師会学会学術誌
 ・産業動物臨床・家畜衛生関連部門
  原  著:国内の養鶏場におけるワクモDermanyssus gallinaeの市販殺虫剤に
       対する抵抗性出現   村野多可子 他

 ・小動物臨床関連部門
  短  報:外科療法を施した腹腔内腫瘍のミニブタの1例  北村憲彦 他

 ・獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
  原  著:牛及び豚の疣贅性心内膜炎から分離したHelcococcus ovisの性状及び
       迅速・特異的同定法としてのPCR法の開発    吉田桂子 他




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp までご連絡ください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月中旬に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、お申し込みください。また、配信を希望される方を
ご紹介願います。

─────────────────────────────────────

◆公益社団法人 日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

            公益社団法人 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
           ―いのちみつめる。いのち育む。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:ask@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.