English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第128号


    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進中             ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第128号 ◆◇◆◇◆



                                                        2015年1月22日(木)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
会長短信「春夏秋冬(18)」

「魅力ある組織の発展を期待 -新たな挑戦元年に-」

 新年あけましておめでとうございます。会員並びに構成獣医師の皆様方におかれましては、ご健勝にて
 新年を迎えられたことと心からお喜び申し上げます。
 今年は本会と地方会の絆をより強固なものとし、将来に向かって強く、たくましく、魅力ある獣医師会
 になるよう努力してまいりたいと思っております。そのために必要なことは、就任時にお約束しました
 とおり、本会が地方会の発展のために汗をかき、地方会は本会を支えていただくという組織連携であり、
 またスピード感を持って全ての課題に取り組む解決力の向上であります。それにより初めて組織改革を
 推進でき、地方会並びに構成獣医師、さらに国民や社会の要求に真摯に応える責任ある活動を行うこと
 ができます。
 これらのことを成功させるには、本会の前身である大日本獣医会の創設から一世紀を超える歴史を知り、
 社会における本会の役割を認識し、先人方のご苦労とご努力に感謝するとともに、勇気を持って今日の
 活動を自らが検証しなければなりません。その検証結果に基づいて解決の優先順位を定め、組織的な
 意思決定の下、全員参加による改革を図り、強く、柔軟で、魅力のある組織に発展させる必要があります。
 言うならば、地方会と構成獣医師の全員参加の下で、検証と挑戦を実践し、組織の改革と持続的発展を
 図る必要があり、今年は、攻めの獣医師会の挑戦元年になることを願い、今後も頑張ってまいります。
 動物の健康と人の健康は一つであり、この二つにさらに環境の健康を含めた生態系の健全性確保の理念
 である「One World, One Health」の実践を、平成22年6月に開催された第67回定期通常総会で、本会の
 活動方針として採択し、諸事業が推進されてきました。この理念に基づき、獣医師と医師が協力して
 動物と人の共通感染症等への対応を推進するため、本会は日本医師会と学術交流の推進に関する協定を
 平成25年11月に取り交わして連携シンポジウムを開催し、更に本年は岡山で開催される本会獣医学術年
 次大会において、第2回のシンポジウムが企画されます。地方獣医師会にも地方医師会との学術連携を
 お願いいたしたところ、これまでに21地方会で協定が取り交わされ、今後の学術連携の発展が期待されます。
 この他、中間報告を公表した女性獣医師就業支援をはじめ、狂犬病予防体制整備、マイクロチップ装着
 推進、獣医師処遇改善、獣医学教育の国際化に向けた整備充実、獣医師就業の偏在是正、獣医療提供
 体制の整備充実、家畜伝染病や人獣共通感染症の防疫体制の整備充実、動物の福祉増進と適正管理の推進、
 生涯学習の推進、獣医師倫理向上対策の推進等、多くの事業において今後の進むべき方向が明らかに
 なってまいりました。今後もこれらの事業が更に進展するよう努力してまいりますので、よろしくご協力
 ご支援をお願いいたします。

 今年も昨年以上の実りある年にするため、本会並びに地方会の持続的発展のために努力を傾注し、構成
 獣医師の皆様に魅力的な会務サービスを提供し、獣医事環境の整備充実を果たし、国民が安全で安心な
 生活を営める社会の構築に寄与するため、全力で取り組んでまいります。よろしくご支援とご協力、
 ご助言を賜るようお願いいたします。

平成27年1月22日
公益社団法人日本獣医師会会長 藏内勇夫


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 暦の上では大寒を迎え、今年は北国では積雪が多いとのこと、ご苦労をされておられる方もいらっしゃる
 こととお見舞い申し上げます。

 世間では、電車の中でのトラブルの報道が増えていますが、先日、乗り合わせた車中で面白いことがあり
 ました。

 「混んでるんだからしょうがないでしょう!」車中に中年女性の声が響きます。
 そばの若い男性とのトラブルのようで、男性が「うるさい。」と文句を言うと、女性は「あんたのほうが
 うるさいのよ。」と返し、男性がさらに「だまれ!」、女性もオウム返しに「だまれ!」・・・・。
 両者はにらみ合い、だんだん雰囲気が険悪になってきたところでしたが、二人の言い合いに割り込むように、
 数倍の音量の中年女性の怒鳴り声が聞こえてきました。
 かなり離れたところにいる女性が携帯電話を片手に電話の相手と言い争っているようで、その剣幕の激しさ
 に毒気を抜かれたようにこちらの男女は黙ってしまいました。あまりの剣幕に、「車中の携帯電話の使用は
 マナー違反」などと女性に注意する人もありません。
 しばらくして女性が携帯電話を切った後、件の中年女性が小声で若い男性にいった言葉がふるっていました。
 「わかったでしょう。おばさんはうるさいのよ。」、若い男性は苦笑いをしています。
 終点で電車を降りるとき、二人は一言二言、言葉を交わして笑顔で分かれていきました。

 一時の感情を抑えて冷静になることは重要です。個人の間でも、国際関係においても。日中間、日韓間に
 おいても、あの中年女性のような機転の利く人物は現れないでしょうか。

 岡山での年次大会は、2月13-15日に開催されます。開催関係者の皆様方のご尽力に、心から感謝いた
 します。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 来月のメルマでは、春の兆しのご報告ができればと願っています。


■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう推薦を願います。
 獣医師以外の方も購読可能ですので申し込みください。

■■■ 動物感謝デー in JAPANについて ■■■

 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/

  2014動物感謝デー開催へのご協力、ご来場ありがとうございました。
 開催内容については、このホームページで報告いたします。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたい
 ものを紹介します。

  ◆トピックスに獣医学術学会年次大会(岡山)の大会ホームページについて掲載しています。
 ◆トピックスに家庭飼育動物診療料金調査について掲載しています。16年ぶりの調査ですので、小動物
  診療獣医師の方々は、ぜひご協力ください。
 ◆新着情報に薬事法関係情報を掲載しています。ぜひご一読ください。
 ◆新着情報に鳥インフルエンザ等の情報を掲載しています。ご一読ください。
 ◆新着情報・人材募集に、地方公務員等の獣医師及び大学教員等の募集を掲載しています。最近、小動物
  診療施設の募集についても掲載していますので、ご一覧ください。
 ◆学会・セミナーの開催についての広報は、新着情報の他、それぞれ、学会・セミナーに移してまとめま
  したのでご確認ください。
 ◆トピックス上段に、ぜひお知らせしたい情報を一括掲載しています。ご一読ください。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容が掲載されています。ご確認
  ください。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討
   されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   各委員会でそれぞれのテーマについて検討が行われているので、興味のある分野から目を通してください。

   部会委員会における検討は、日本獣医師会の活動の中で重要な位置を占めるものですので、ぜひ、
   ご一読ください。


●学会活動
      平成26年度の大会は、岡山県岡山市の岡山コンベンションセンター・ホテルグランヴィア岡山等にて、
   平成27年2月13-15日に開催します。
   大会専用ホームページにプログラムの内容等を掲載しておりますので、ご確認ください。

   地区学会・大会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付して
   いただくか、または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp


 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会会員
  サイトで紹介を希望する場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー情報の掲載申込」の
  項目から掲載をクリックして申し込んでください。
  (人材募集の掲載も同様に申し込めます。)
 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報をお送りください。


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、ホームページ左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  平成26年度のプログラムの概要と申告書は、昨年の日本獣医師会雑誌6月号に同封しました。
  また、平成26年度の申告書・申請書は、上記「獣医師人材養成」に掲載しましたので、申告書等を紛失した
  際にはプリントアウトして申告時にご利用ください。


■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)1月号について ■■■

 ★1月号は、年末に発刊し、構成獣医師各位に発送いたしました。主な内容は以下のとおりです。

 ●巻 頭 言:新年のご挨拶 藏内勇夫
 ●解説・報告: ・最新の疾病情報 ~連載を開始するに当たって~ 佐藤真澄
          -最新の疾病情報(Ⅰ)- 高病原性鳥インフルエンザ 金平克史
         ・小動物臨床領域で見られる真菌感染症(Ⅲ)
          -今後注目すべき真菌症、特に人獣共通真菌症を中心に-  村田佳輝
         ・日本で使用されている動物用診断薬(ⅩⅨ)
          鶏感染症とその診断薬の概要
          8 鶏マイコプラズマ病 永井英貴
           9 伝染性コリーザ  永井英貴
 ●行政・獣医事:関係省庁・団体・機関からの通知等(平成26年11月分)
 ●診療室:英語を使える臨床獣医師に今こそなろう! 石山 大
 ●紹  介:平成26年9月27日付け西日本新聞インタビュー特集記事「医師と獣医師の連携構築『ワンヘルス』の理念共有を」
 ●行事等報告:日本医師会と日本獣医師会による連携シンポジウム ‐人と動物の共通感染症を考える-「狂犬病の現状と対策」開催される
 ●獣医師生涯研修事業のページ:・Q&A 産業動物編
         ・平成26年度獣医師生涯研修事業のポイント取得対象プログラムのご案内

☆ 日本獣医師会学会学術誌
 ・産業動物臨床・家畜衛生関連部門
  総   説:乳牛の潜在性ケトーシスに関する最近の研究動向 及川 伸
  原  著:密飼いが肥育豚の増体や免疫機能及び唾液中ストレスマーカー濃度に与える影響 藤田慶一郎 他

 ・小動物臨床関連部門
  原  著:弁付導管による肺動脈弁置換術の基礎的検討 篠田麻子 他
      :麻布大学眼科に来院した緑内障症例の随伴症の分類 印牧信行 他
      :犬猫におけるアシネトバクター属菌の分離状況と薬剤感受性 木村 唯 他
  短  報:犬の胸腔内異所性肝の1例 一二三達郎 他
      :ELISAによる犬の血漿N末端プロ心房性ナトリウム利尿ペプチド濃度測定 西飯直仁 他
 ・獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
  原  著:Lawsonia intracellularisによると考えられる豚の肉芽腫性小腸炎及び腸間膜リンパ節炎 星野 稔 他

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp までご連絡ください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月中旬に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、お申し込みください。また、配信を希望される方を
ご紹介願います。

─────────────────────────────────────

◆公益社団法人 日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

            公益社団法人 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
           ―いのちみつめる。いのち育む。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:ask@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.