English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第114号


    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進中             ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第114号 ◆◇◆◇◆



                                                        2013年11月19日(火)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
「会長短信「春夏秋冬(4)」

「私の活動の原点は動物愛護運動から」

 公益社団法人日本獣医師会会長就任の祝賀会を、平成25年10月19日(土)の午後6時半からホテルニュー
オータニ博多において、地元九州の政財界をはじめ、大学、獣医・畜産・動物福祉関係の方々が発起人と
なって、盛大に開催していただきました。
 祝賀会では、発起人である副総理兼財務大臣の麻生太郎先生、福岡県知事の小川洋先生、元衆議院議員の
古賀誠先生、福岡県議会議長の松尾統章先生、日本医師会の横倉義武先生から祝辞を、また出席された
約1,300名の方々からお祝いの言葉を頂きました。大変光栄であるとともに、身の引き締まる思いで一杯
でした。改めて発起人の方々、出席された方々に感謝を申し上げます。
 当日、私は挨拶の中で、私が今日を迎えるに至ったある出会いをお話しました。それは私が日本大学を卒業し、
麻生太郎先生のお母様の麻生和子様にご挨拶伺った際のことです。「福岡と九州で動物愛護運動を起こしなさい」
との助言を戴きました。麻生和子様が父上の吉田茂元総理とご一緒にイギリスに滞在された時、「日本人の
動物に対する接し方がなっていない」と批判を受けたことが、いつも頭の片隅にあり、忘れられないということ
でした。私は、このお言葉を重く受けとめて、以来30年間、福岡の地で動物愛護運動を実践してまいりました。
 祝賀会の冒頭に私の略歴を紹介いただきましたが、私は福岡県議会議員を昭和62年初当選以来連続7期27年間
務め、地方政治や地方分権に取り組んでまいりました。その間、福岡県獣医師会会長を20年間、日本獣医師会の
理事を10年間、副会長を8年間務め、本年6月に第12代公益社団法人日本獣医師会会長に就任いたしました。また、
私は政府の動物愛護審議会委員や日本動物愛護管理協会会長として、動物愛護管理法の改正や外来生物法の制定に
かかわりました。この私の獣医師会活動の原点は福岡での動物愛護運動であると言えます。
 今日、獣医師は産業動物や小動物の診療、野生動物や実験動物の保護管理、動物福祉、家畜衛生や公衆衛生の
指導等、極めて幅の広い職域を担っています。特に昨今、大きな課題の一つである食品の安全性確保や人と動物の
共通感染症の制御に関しては、国民の関心が非常に高まっております。こうした職域で獣医師が誇りを持って
活躍するためには、獣医師の処遇を改善すると同時に、国民への期待に応える質の高い獣医師を育成し、新しい
発想と感性を持ち、実践力のある獣医師会を構築したいとお話ししました。
 また、本祝賀会には東京から駆けつけて頂いた横倉日本医師会会長が、今後、日本医師会は日本獣医師会との
連携を強化して、人と動物の共通感染症を中心に国民の健康を守るために、最新の学術情報を共有したいと話され
ました。お陰様で関係者の努力と熱意によって、この11月に日本医師会と日本獣医師会は、学術面での包括的な
協定を締結する運びになりました。地方獣医師会におかれても、地方医師会との連携を深め、共通課題に対する
シンポジウムの開催や協議会を設置する等、「One World, One Health」の理念に基づき、公益社団法人としての
使命を果たされますよう期待いたします。皆様方のご支援とご協力をお願いいたします。

平成25年11月19日 日本獣医師会会長 藏内勇夫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 10月26日に予定されていた2013動物感謝デーin JAPAN は、台風が接近したため、中止になりました。
 関係者の方々には、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 11月も中旬に入ると、東京では急に寒くなり、特に朝晩は冷え込む日が続いています。

 今年は三の酉まである年、商売人ではありませんが、家内安全を祈って熊手を買いに行こうと思っていましたが、
バタバタしているうちに、既に二の酉まで終わってしましました。三の酉は平日なので、今年も酉の市には行けそうに
ありません。

 さて、11月も下旬に入ると年末まで一瀉千里。

 忙しさにかまけて、風邪など召されませぬよう。ご自愛くださいませ。



■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう
推薦を願います。獣医師以外の方も購読可能ですので申し込みください。

■■■ 動物感謝デー in Japanについて ■■■
 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/

  次回2013動物感謝デーは、平成25年10月26日(土)開催の予定でしたが、台風接近のため、中止となりました。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたいものを
紹介します。

 ◆トピックスに平成25年度獣医学術学会年次大会に関するお知らせ(参加登録等)を掲載しています。
 ◆新着情報に、「台湾における野生動物の狂犬病の発生」に関する情報を随時掲載しています。全ての構成獣医師の皆様は、
    ぜひ注目してください。
 ◆新着情報に、「鶏肉の生産衛生管理ハンドブック―肉用鶏農場・生産者編―」、「牛肉の生産衛生管理ハンドブック―肉
  用牛農場・生産者編―」の改訂について掲載しています。一読してください。
 ◆新着情報に「中国産ジャーキーに起因すると思われる犬猫への健康被害」に関する農林水産省からの通知を掲載しています。
  小動物診療獣医師の方々は、ぜひ、一読してください。
 ◆地方公務員等の獣医師及び大学教員等の募集、学会・セミナーの開催についての広報は、新着情報の他、それぞれ、学会・
  セミナー、人材募集のコーナーに移してまとめましたのでご確認ください。
 ◆トピックス上段に、大震災への対応に関連する日本獣医師会からのお知らせの他、各種情報を一括掲載しています。一読し
  てください。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容が掲載されています。ご確認ください。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   今後、これまで各委員会で取りまとめられた報告書が掲載されます。また、新しい任期が始まり、委員会が構成されて
  検討が始まりますので、興味のある分野から目を通してください。

   部会委員会における検討は、日本獣医師会の活動の中で重要な位置を占めるものですので、ぜひ、一読ください。


●学会活動
      平成25年度の大会は、千葉市の幕張メッセ及び東京ベイ幕張にて、平成26年2月21-23日に開催の予定です。
   現在、参加登録を受け付けています。2ndアナウンスメントは、日本獣医師会雑誌9月号に同封しましたが、
  ホームページにも一部掲載しています。
   大会に関する情報は最新の内容をホームページに掲載してまいりますのでご確認ください。

   地区学会・大会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付していただくか、
  または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp
   また、このコーナーからは、地区学会の講演要旨を読むことができます。
   地区によって掲載状況が異なるので、アクセスして、ご確認ください。


 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会
  会員サイトで紹介を希望する思われる場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー
  情報の掲載申込」の項目から掲載をクリックして申し込んでください。
  (人材募集野掲載も同様に申し込めます。)
 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報をお送りください。


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  平成25年度のプログラムの概要と申告書は、本年の日本獣医師会雑誌6月号に同封しました。


■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)11月号について ■■■
 ★11月号は、11月10日頃発刊、構成獣医師各位に発送いたしました。主な内容は以下のとおりです。

 ●論  説:食品の安全確保のためのリスク評価―食品安全委員会10 周年を迎えて    熊谷 進
 ●会議報告:平生25年度第4回理事会の開催
 ●解説・報告:
  ・-日本で使用されている動物用診断薬(Ⅴ)- 猫感染症とその診断薬の概要
    1 猫白血病、2 猫免疫不全症                       成嶋理恵
  ・-面白い寄生虫の診療(Ⅹ)-  ~寄生虫の小径~
    身近な人獣共通感染症 -広東住血線虫症                   常盤俊大 他
  ●行政・獣医事:
  ・日本獣医師会職域別部会における新たな部会委員会(常設委員会)の発足
  ・第65 回獣医師国家試験(公告)
  ・関係省庁・団体・機関からの通知等(平成25 年9 月分)
 ●診 療 室:元気があれば何でもできる                      中尾聡子
 ●学  会・研究会紹介:獣医麻酔外科学会
 ●募  集:獣医療提供体制整備推進総合対策事業の案内
 ●意  見:犬がん対策『岐阜モデル』の構築とその目指すもの            丸尾幸嗣
 ●紹  介:直轄警察犬訓練所の視察                        野原隆士
 ●行事等報告:平成25 年度動物愛護週間中央行事実施結果
 ●公  表:第25 回日本動物児童文学賞の受賞者及び入賞作品
 ●獣医師生涯研修事業のページ
  ・Q&A 公衆衛生編
  ・平成25年度獣医師生涯研修事業のポイント取得対象プログラムのご案内

☆ 日本獣医師会学会学術誌
 ・産業動物臨床・家畜衛生関連部門
  原  著:岩手県内の農場で死亡した牛における牛ウイルス性下痢ウイルスの感染状況調査
                                         福成和博 他
      :牛ウイルス性下痢ウイルス感染症の地域的な対策事例と効果の検証    斎野 仁 他
  資  料:家畜衛生研修会(病性鑑定病理部門、2012)における事例記録(Ⅳ)

 ・小動物臨床関連部門
  原  著:牛ウイルス性下痢ウイルス感染症の地域的な対策事例と効果の検証    岡野公禎 他
  短  報:リンパ形質細胞性リンパ腫と考えられた猫の1 例            森田泰典 他

 ・獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
  原  著:Sarcocystis fayeri のウサギに対する下痢原性             斎藤守弘 他
  短  報:既存リスク評価ツールを用いた食品衛生監視効果の評価          豊福 肇 他



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp までご連絡ください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月中旬に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、お申し込みください。また、配信を希望される方を
ご紹介願います。

─────────────────────────────────────

◆公益社団法人 日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

            公益社団法人 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
           ―いのちみつめる。いのち育む。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:ask@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.