English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第113号



    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進中             ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第113号 ◆◇◆◇◆



                                                        2013年10月18日(金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
会長短信「春夏秋冬(3)」

「五十嵐幸男先生のご逝去に接し」

 日本獣医師会顧問、元会長の五十嵐幸男先生(享年96歳)は平成25年9月16日に肺炎のため急逝
されました。五十嵐先生は、本年6月27日に開催された公益社団法人日本獣医師会第70回通常総会に
お元気なお姿でご出席され、我々に声をかけて下さいましたので、故人になられたことが未だに信じ
られません。
 先生は、戦前・戦中・戦後の混乱期に、またその後の復興及び経済成長期に、更にはグローバル化
を迎えた今日において、常に獣医界のトップリーダーとしてご指導を頂いてまいりました。特に本会
においては、常任理事を5期15年、副会長を1期3年、会長を3期6年の長きにわたり指導者のお立場を
務められ、本会の発展にご尽力されました。まだまだ五十嵐先生からご指導を頂かなければならない
中であり、残念でなりません。
 9月21日午後6時から熊谷市のメモリアル彩雲で執り行われた通夜の席で、突然の御指名でありまし
たが、私はご遺族及び参列の方々の前で次のような内容のご挨拶をいたしました。

 私どもが敬愛してやまなかった公益社団法人日本獣医師会第10代会長 故五十嵐幸男先生のお通夜
に際し一言ご挨拶を申し上げます。本日は大変お忙しい中、地元熊谷市長様を始め、多くの皆様方に
御参列を賜り、日本獣医師会会長として心から厚く御礼を申し上げる次第であります。また、この
お通夜を始め大変お世話を頂きました埼玉県獣医師会の高橋会長を始め、役員の皆様方にも重ねて
御礼を申し上げます。
 生者必滅会者定離が人の世の定めとは申せ、今はもう、五十嵐先生の御霊にこうして語りかける
ことしか術のないことは、痛恨の極みであります。暖かいご指導を頂きました在りし日の五十嵐先生の
お姿が走馬灯のように私の脳裏を駆け回っております。五十嵐先生は、正に我々日本獣医師会の鏡で
あり、今日の日本獣医師会の礎を造って頂きました大恩人でございます。今日、日本は国際化や高度
情報化の大波を受け、特に我々日本獣医師会は多くの課題を抱えております。私共、日本獣医師会執行
役員一同は、五十嵐先生が理想とされました日本獣医師会を築くために、熟慮断行し懸命に努力を重ね
て参る所存でございます。そして必ずや天上の五十嵐先生にその成果をお届けすることをお誓い申し上
げます。
 名残は尽きませんが、五十嵐先生の御冥福を心からお祈り申し上げ、お別れとさせて頂きます。五十嵐
先生、長きにわたり御指導を賜りありがとうございました。皆様方におかれましては、本日はお忙しい
中をご参列いただき厚く御礼を申し上げます。

 翌22日午前11時からの葬儀・告別式では、やむ得ない事情で欠席しました私の弔辞を、高橋三男埼玉県
獣医師会会長に代読していただきました。弔辞は、日本獣医師会雑誌の第66巻10号657ページに掲載され
ています。

 改めて五十嵐幸男先生を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

   平成25年10月17日 日本獣医師会会長 藏内勇夫


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 10年に一度の規模と強さの台風と報道された台風26号は、各地に爪痕を残して去りました。
 東日本では、前日から小中学校の休校が相次ぐなど、備えを怠りなくしたようですが、一部では洪水、
突風等による被害があり、伊豆大島では死亡者を含む大きな被害がもたらされました。被災された方々に
心からお見舞い申し上げます。

 54年ぶりに首都東京で開催された東京国体は、東京へのオリンピック招致決定の影響もあり、マスコミ
にもたびたび取り上げられて、思わぬ盛り上がりを見せました。

 例年10月の第1土曜日に都立駒沢公園で開催されていた動物感謝デーは、国体のため同公園内の施設を
使用することから、第4土曜日に順延され、今年は10月26日(土)に開催されます。

 動物感謝デーの開催は今年で7回目になりますが、これまでの開催では、一度だけ午前中に雨に降られた
ものの午後は晴天となり、そのほかは好天の下で開催してきました。さて今年、例年の開催日となる
第1土曜日の天気がどうなるかが気になっていたのですが、5日の土曜日、東京は1日中雨天でした。
 もしこれで、第4土曜日の本番が好天に恵まれれば、「なんという幸運に恵まれた動物感謝デー!!」、
ということになります。

 さて、「関係者が常日頃いかに善行を積んでいるか。」が問われる26日の土曜日、果たして天候は?


■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■

 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう
推薦を願います。獣医師以外の方も購読可能ですので申し込みください。

■■■ 動物感謝デー in JAPANについて ■■■
 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/
 2012動物感謝デー in JAPANの様子は、このサイトでお知らせしています。
  次回2013動物感謝デー in JAPANは、平成25年10月26日(土)開催の予定です。詳細は、ホームページ
等でお知らせしています。

■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたいものを
紹介します。

 ◆トピックスに平成25年度獣医学術学会年次大会に関するお知らせ(参加登録等)を掲載しています。
 ◆新着情報に、「台湾における野生動物の狂犬病の発生」に関する情報を随時掲載しています。全ての構成獣医師の
  皆様は、ぜひ注目してください。
 ◆新着情報に、環境省が策定した「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」へのリンクを掲載しています。
  ぜひ、一読してください。
 ◆地方公務員等の獣医師及び大学教員等の募集、学会・セミナーの開催についての広報は、新着情報の他、それぞれ、
  学会・セミナー、人材募集のコーナーに移してまとめましたのでご確認ください。
 ◆トピックス上段に、大震災への対応に関連する日本獣医師会からのお知らせの他、各種情報を一括掲載しています。
  一読してください。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容が掲載されています。ご確認ください。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   今後、これまで各委員会で取りまとめられた報告書が掲載されます。また、新しい任期が始まり、委員会が構成されて
  検討が始まりますので、興味のある分野から目を通してください。

   部会委員会における検討は、日本獣医師会の活動の中で重要な位置を占めるものですので、ぜひ、一読ください。


●学会活動
      平成25年度の大会は、千葉市の幕張メッセ及び東京ベイ幕張にて、平成26年2月21-23日に開催の
  予定です。2ndアナウンスメントは、日本獣医師会雑誌9月号に同封しましたが、ホームページにも一部掲載しています。
   大会に関する情報は最新の内容をホームページに掲載してまいりますのでご確認ください。

   地区学会・大会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付していただくか、
  または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp
   また、このコーナーからは、地区学会の講演要旨を読むことができます。
   地区によって掲載状況が異なるので、アクセスして、ご確認ください。


 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会
  会員サイトで紹介を希望する思われる場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー
  情報の掲載申込」の項目から掲載をクリックして申し込んでください。
  (人材募集野掲載も同様に申し込めます。)
 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報をお送りください。


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  平成25年度のプログラムの概要と申告書は、本年の日本獣医師会雑誌6月号に同封しました。


■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)10月号について ■■■
 ★10月号は、10月10日頃発刊、構成獣医師各位に発送いたしました。主な内容は以下のとおりです。

 ●訃  報:日本獣医師会顧問 元会長 五十嵐幸男先生の逝去を悼んで
 ●論  説:「獣医務技監」の設置と獣医師業務の将来展望  北野良夫
 ●解説・報告:-日本で使用されている動物用診断薬(Ⅳ)-
        犬感染症とその診断薬の概要
         1 犬糸状虫症                       成嶋理恵
         2 犬エキノコックス症                   落合絢子
        -面白い寄生虫の診療(Ⅹ)-  ~寄生虫の小径~
        最近経験した爬虫類における寄生虫病事例            浅川満彦
 ●紹  介:アニマルウェルフェアと動物倫理                 北村直人 他
 ●診 療 室:元気があれば何でもできる                   上村利也
 ●学会・研究会紹介:獣医麻酔外科学会
 ●募  集:獣医療提供体制整備推進総合対策事業の案内
 ●獣医師生涯研修事業のページ:Q&A 小動物編
 ●平成25年度獣医師生涯研修事業のポイント取得対象プログラムのご案内


☆ 日本獣医師会学会学術誌
 ・産業動物臨床・家畜衛生関連部門
  総  説:乳牛の移行期の栄養管理と繁殖                  鈴木保宣
  資  料:家畜衛生研修会(病性鑑定病理部門、2012)における事例記録(Ⅲ)
 ・小動物臨床関連部門
  総  説:犬のジアルジア感染                       伊藤直之
  短  報:犬の下垂体腫瘍に対する寡分割3次元体照射による放射線治療の短期的効果
                                       森  崇 他
 ・獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
  原  著:牛胆嚢胆汁カンピロバクター汚染状況と分離菌株の性状温      小野一晃
  原  著:JA飛騨ミートにおけるSSOP及びHACCPに基づく食品安全管理システムによる
       微生物制御とその微生物学的検証                 豊福 肇 他
  原  著:犬を終宿主とするSarcoaystisシスト抽出物の腸管毒性        斉藤守弘 他


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp までご連絡ください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月中旬に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、お申し込みください。また、配信を希望される方を
ご紹介願います。

─────────────────────────────────────

◆公益社団法人 日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

            公益社団法人 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
           ―いのちみつめる。いのち育む。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:ask@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.