English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第109号



    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
    ○        メルマ日獣購読推進中             ○
    ●  知り合いの方に未購読の方がいたら、購読を勧めてください  ●
    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



         ◆◇◆◇◆ メルマ日獣 第109号 ◆◇◆◇◆



                                                        2013年6月14日(金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━━━━━━━ ■□■ フォントについてのご注意 ■□■ ━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃   このメールマガジンのフォントは、MSゴシックを利用しております。   ┃
┃   フォントのズレが発生した場合は、お手数ですがプロポーショナル    ┃
┃   フォントがMSゴシックに設定されているか確認願います。        ┃
┃                                    ┃
┃   確認方法は下記のリンク先をご覧下さい。               ┃
┃      http://nichiju.lin.gr.jp/melma/font.html                   ┃
┃                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 例年よりもかなり早めの梅雨入り宣言(正しくは、「梅雨入り発表」というとのこと。)があった後、
関東では「気象庁早まったか!」と思うほどの好天が続いていましたが、台風の影響等もあり、ここ
のところようやく梅雨らしい気候になってきました。

 さて、うれしいニュースを一つ。

 農林水産省の発表(http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/130529.html)によると、国際獣疫
事務局(OIE)総会において、平成25年5月28日(火曜日・現地時間)、我が国が「無視できるBSEリスク」
の国に認定されることが決定されたとのことで、先日、本件を所管する消費・安全局動物衛生課川島俊郎課長が、
本会事務局を訪問され、山根会長に、本件に関する獣医師の尽力に対するお礼の言葉を述べられました。

 これで日本のBSEステータスは、三段階の区分けの中で、最上位に位置付けられたことになります。

 平成13年、わが国でBSE初発例が確認された時には、前年92年ぶりにわが国に発生した口蹄疫の余韻
が冷めやらないこともあり、背筋が寒くなったことを覚えています。そしてそれ以降、食品安全基本法の公布、
食品安全委員会の設置等、わが国の食品の安全性に関する施策は大きく舵をきられることになりました。

 一方、と畜場における牛のBSE全頭検査は、関係者の大きな負担となってきましたが、今回のステータス
の格上げにより全頭検査が廃止されることになれば、当事者である公衆衛生公務員獣医師を巡る環境も変化
することになるでしょう。また、わが国が「攻めの農林水産業」を推進するうえで、今回の格上げがわが国の
高品質な牛肉輸出の追い風になることも見込めます。

 本会としては、公衆衛生獣医師の方々が今後一層効率的に、やりがいをもって、国民のための食品衛生・
公衆衛生の向上に寄与できるよう、併せてわが国畜産の振興に向けて、関連職域部会の意見も伺いながら
検討を行い、対応してまいります。

 この機会に、日本獣医師会として、本件に関係する皆様方のこれまでのご努力に心から感謝申し上げます。



■■■ 日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)の購読について ■■■
 日本獣医師会では、本メールマガジンの購読希望者を募集しています。
 メルマ日獣のことを知らない獣医師の方には、メルマの内容を紹介のうえ、購読いただけるよう
推薦を願います。獣医師以外の方も購読可能ですので申し込みください。

■■■ 動物感謝デー in JAPANについて ■■■
 動物感謝デーのサイト:http://doubutsukansha.jp/
 2012動物感謝デーは、多数のご来場、ありがとうございました。ホームページに報告書を掲載しておりますので、
ご覧ください。2013動物感謝デーは、10月26日開催の予定で準備を進めています。ご期待ください。


■■■ 日本獣医師会ホームページ更新情報 ■■■

 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に獣医師を含め関係者の方々に読んでいただきたいものを
紹介します。

 ◆トピックスに、平成25年度獣医学術学会年次大会(千葉)の開催についてホームページのリンクを掲載しました。
  ◆トピックスに、「日本獣医師会連携講座 獣医さんが解説する動物の病気と管理 2013年実施予定」を掲載しています。
 ◆新着情報に、宮崎県の家きん飼養農場における農場監視プログラムの適用について農林水産省の通知を掲載しています。
  ぜひ、ご一読ください。
 ◆新着情報に、「平成25年度農場生産衛生向上体制整備促進事業に係る農場指導員の養成のための研修会開催のお知らせ」を
  掲載しています。ぜひ、ご一読ください。
 ◆学会・セミナーの開催、地方公務員等の獣医師及び大学教員等の募集、についての広報は、新着情報の他、それぞれ学会・
  セミナー、人材募集のコーナーに移してまとめましたのでご確認ください。
 ◆トピックス上段に、大震災への対応に関連する日本獣医師会からのお知らせの他、各種情報を一括掲載しています。一読し
  てください。
 ◆その他トピックスには、獣医師・獣医療に関する要請の内容等重要な内容が掲載されています。ご確認ください。


●主要会議・委員会の開催状況
   このコーナーには、日本獣医師会の総会、理事会等の議事概要を掲載します。

●部会活動
   日本獣医師会では、職域別部会制の下で、委員会活動が行われそれぞれの職域における施策が検討されています。
   ここでは、開催された部会委員会の会議概要を順次掲載しています。
   また、これまで各委員会で取りまとめられた報告書は、日本獣医師会からの提言・報告にまとめて掲載されて
   いますので、興味のある分野から目を通してください。

   今任期(平成23年7月~25年6月)の報告書は、近々掲載されますので、一読ください。

   部会委員会における検討は、日本獣医師会の活動の中で重要な位置を占めるものですので、ぜひ、一読ください。


●学会活動
      平成25年度の大会は、千葉市幕張メッセ及び東京ベイ幕張にて、平成26年2月21-23日に開催の予定です。
  大会に関する情報は最新の内容をホームページに掲載する予定ですので、ご確認ください。

   地区学会・大会関連情報の広報を希望する場合は、広報を希望する内容等をPDFファイルで送付していただくか、
  または、リンク先を教えていただければ、掲載することが可能です。
   連絡先:koga@nichiju.or.jp
   また、このコーナーからは、地区学会の講演要旨を読むことができます。
   地区によって掲載状況が異なるので、アクセスして、ご確認ください。


 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催情報を日本獣医師会
  会員サイトで紹介を希望する思われる場合は、下段の学会セミナーのアイコンから「学会セミナー
  情報の掲載申込」の項目から掲載をクリックして申し込んでください。
  (人材募集の掲載も同様に申し込めます。)
 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報をお送りください。


●【獣医師生涯研修事業に関するお知らせ】
  獣医師生涯研修事業に関するお知らせは、左欄の「獣医師人材養成」に取りまとめました。
  平成25年度のプログラムの概要と申告書は、本年の日本獣医師会雑誌6月号に同封しました。。
  また、平成24年度の申告書の様式(PDFファイル)は、本会ホームページの「獣医師人材育成」に掲載しています。


■■■ 日本獣医師会雑誌(日獣会誌)6月号について ■■■
 ★6月号は、6月上旬に構成獣医師各位に発送しました。主な内容は以下のとおりです。

  ●論  説:鳥インフルエンザの現状と対策                         岡松正敏 他
  ●会議報告:平成24年度第6回理事会の開催
  ●解説・報告:-面白い寄生虫の診療(Ⅵ)-鳥類の寄生蠕虫症と水環境              浅川満彦
  ●診 療 室:獣医師は天職  原口道夫
  ●学会・研究会紹介:日本獣医がん学会
  ●お知らせ:職域別部会の部会委員会の開催状況(平成25年5月末日まで)
  ●獣医師生涯研修事業のページ:Q&A 小動物編
  ●平成25年度獣医師生涯研修事業のポイント取得対象プログラムのご案内

 ☆日本獣医師会学会学術誌
  ・産業動物臨床・家畜衛生関連部門
   原  著:液状キトサン製剤の子宮内注入が無発情牛の発情・排卵同期化後の受胎率に及ぼす影響
                                               小比類巻正幸 他
       :若齢ザーネン種山羊の遅延型地方病性運動失調症に関する病理学的研究       村田涼子 他
   短  報:アカバネ病診断におけるリアルタイムRT-PCRの応用                大谷研文 他

  ・小動物臨床関連部門
   短  報 :不治の病の治療に対する飼い主の期待についての質的研究            矢野 淳 他
        :犬歯を温存した歯原性角化嚢胞摘出の犬の1例                  奥田真未 他

  ・獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
   短  報 :徳島県の犬のBrucella canis感染状況と抗体陽性犬等への対応          久米明徳 他



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          住所・勤務先等に変更のある方は、
      所属先の都道府県市獣医師会に必ず連絡してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------------------------------------------------------

※日本獣医師会メールマガジン(メルマ日獣)は、メールマガジンの購読を申し込まれた
方に対する情報の提供に加え、弊会主催の各種事業等に参加・協力・指導いただいた獣医師
の方を含め関係者の方々、更に、その他弊会に関係する省庁・自治体・団体・企業等の方々
に、日本獣医師会の活動の一端を紹介させていただくためにお送りしております。
※メールアドレスの変更・追加・配信停止等の必要の際はお手数ですが、
webmaster@nichiju.or.jp までご連絡ください。


─────────────────────────────────────
 メルマ日獣は、毎月中旬に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせします。
 ご愛顧の程お願いします。

 獣医師以外の一般市民の方々もこのメールマガジンの利用が可能ですので、獣医師会の
活動状況をお知りになりたい方は、お申し込みください。また、配信を希望される方を
ご紹介願います。

─────────────────────────────────────

◆公益社団法人 日本獣医師会ホームページ  http://nichiju.lin.gr.jp/


**************************************************************************

            公益社団法人 日 本 獣 医 師 会
          Japan Veterinary Medical Association
           ―いのちみつめる。いのち育む。―

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:ask@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.