English
会長あいさつ
日本獣医師会とは
主要会議・委員会の開催状況
獣医師と職業倫理
日本獣医師会の提言等活動
部会活動
学会活動
獣医学術振興・普及
獣医師人材養成
産業動物臨床
小動物臨床
家畜衛生・畜産
獣医公衆衛生
動物の福祉及び愛護
獣医師福祉共済
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
メルマ日獣(日本獣医師会メールマガジン)

メルマ日獣 第8号

 東京では、12月に入ってもしばらくはコートもいらないほどの暖かさでしたが、
年の瀬も押しせまって、ようやく張り詰めた寒さを感じられるようになってきま
した。クリスマスのイルミネーション、酉の市、羽子板市など、「師走の風物詩」
といわれる行事も、新聞、テレビで見聞きするだけで楽しむ余裕もなく、周囲を
あわただしく通り過ぎていくようです。
 平成16年は、年明け早々の高病原性鳥インフルエンザの発生に始まり、夏の酷暑、
それに続いた台風と集中豪雨、さらには新潟県中越大震災等、獣医界においても、
社会全般においても多難な年となりました。特に、被災者の方々には、災害前の
平穏な日常が一日も早く戻ってくるようお祈りし、心からお見舞い申しあげます。

 「冬来、春不遠」

 これまでの苦労がすぐそこにある花開く春を迎えるための準備であったと
信じ、新年が皆様方にとって、幸多く、一層充実した年になりますよう望んで
おります。



■■■日本獣医師会ホームページ(会員・構成獣医師専用サイト)更新情報■■■


 日本獣医師会ホームページの最近の掲載情報で、特に構成獣医師の方々にご覧に
なっていただきたいものを紹介します。


●【新着情報】

 ◆獣医師向け新着情報として、高病原性鳥インフルエンザに続き、牛海綿状脳症、
  口蹄疫に関する「特定家畜伝染病防疫指針」とこれらの指針に基づく防疫対策
  における留意事項を掲載しました。
  その他、「台湾における渡り鳥からの鳥インフルエンザウイルス分離に伴う国内
  防疫の強化について」、また、感染症法関係の情報として「犬のエキノコックス
  症対応ガイドライン」、「動物の輸入届出制度について」等、見逃せない情報を
  掲載しております。ぜひ、ご確認ください。
  

 ◆一般向け新着情報として、「E型肝炎ウイルス感染事例について」を掲載しま
  した。北海道における豚レバーからの感染が疑われる事例が発生し、マスコミ
  でも大きく報道されましたので、一般の方から質問を受けることもあると思い
  ます。正確な情報を入手してください。


●【日本獣医師会の動き】

  「委員会からの報告」のコーナーに動物愛護福祉委員会からの報告書を掲載して
 おります。報告書はこれまでの委員会における検討の総決算であるとともに、今後
 の日本獣医師会における各種施策等の方向を示すもの、必読です。
  本年度は、各委員会における検討の取りまとめの時期に当たります。今後も、
 各種委員会からの報告書が掲載される予定です。
  
●【学会からのご案内】

  平成16年度学会年次大会(新潟:平成17年2月10-12日)の開催が迫っています。
  もう、事前の参加登録は済まされましたか?
  開催日程、特別企画、参加登録、会場のご案内等、ご確認ください。

 ◆獣医学に関する学会・セミナー・研究会等の開催を計画されている方で、開催
  情報を日本獣医師会会員サイトで紹介したいと思われる場合は、「学会セミナー
  情報の掲載申込」の項目から掲載を申し込んでください。「学会セミナー情報」
  の項目に掲載させていただきます。

 ★学会、セミナー等の情報の掲載を希望される方は、できるだけ早めに情報をお
  送りくださいますようお願いします。


●【意見箱】
 サイト内に、「構成獣医師から日本獣医師会への意見箱」を設けています
 (左フレーム下段)。皆様方の意見をお待ちしております。


■■■ 日本獣医師会雑誌1月号(日本獣医師会会報)の主な内容 ■■■
 
★1月号は、年内発送いたしました。 

  ●巻頭言:新年のご挨拶                   五十嵐幸男
  
  ●解説・報告(最近の動物医療):小動物臨床における再生医療の実践  
                                中山正成
  
  ●解説・報告:冷凍動物園と野生動物の未来          成島悦雄

        :食肉衛生行政の現状と全国食肉衛生検査所協議会の役割
                                佐々木裕之

        :低カルシウム血症の原因と対策         平井洋次
  
  ●行政・獣医事:動物用医薬品副作用症例報告(平成16年4月・5月分)
  
  ●資    料:鯉の環境水の改善と飽食の弊害        小熊俊壽
  
  ●地方会だより:祝前弥一郎先生を称える集い         中西義富
  
  ●診療室:NOSAI秋田・家畜診療所に勤務して         藤島信賢
  
  ●お知らせ:日本獣医師会ホームページの構成獣医師・会員専用サイト
  
  ●獣医師生涯研修のページ:Q&A産業動物編

─────────────────────────────────────

メルマ日獣は、今後毎月末に発行し、最新の情報をタイムリーにお知らせしていく
予定です。何卒、ご愛顧くださいますようお願い申しあげます。

─────────────────────────────────────

◆会員・構成獣医師専用ホームページ   http://www.nichiju.or.jp/
◆(社)日本獣医師会ホームページ  http://group.lin.go.jp/nichiju/


**************************************************************************

            いのちみつめる。いのち育む。           

             (社) 日 本 獣 医 師 会             
          Japan Veterinary Medical Association         

          Tel:03-3475-1601 Fax:03-3475-1604
           お問合せ:webmaster@nichiju.or.jp

**************************************************************************
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.