English
  日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
部会活動

日本獣医師会職域別部会運営規程

(目 的)
第1条 この規程は、社団法人日本獣医師会定款施行細則(以下「細則」という。)第33条第3項の規定に基づき、同条第1項各号に定める部会(以下「職域別部会」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものである。

(所掌事務の範囲)
第2条 職域別部会が所掌する事務の範囲は、次の各号に掲げるとおりとする。
 (1) 産業動物臨床部会:産業動物診療獣医師の職域に関する事項
 (2) 小動物臨床部会:小動物診療獣医師の職域に関する事項
 (3) 畜産・家畜衛生部会:家畜衛生及び畜産に係る職域に関する事項
 (4) 公衆衛生部会:公衆衛生に係る職域に関する事項
 (5) 学術部会:獣医学術、教育及び研究に係る職域に関する事項
 (6) 職域総合部会:前各号に共通する事項及び前各号に含まれない事項

(部会長の職務等)
第3条 職域別部会に部会長各1人を置く。
2 前条第1号から第5号までの職域別部会の部会長には関係する職域理事を、また、同条第6号の職域別部会の部会長には専務理事をあてる。ただし、関係する職域理事が複数いる職域別部会については、関係する職域理事の互選により部会長1人、副部会長1人を選任する。
3 部会長は、会長の指示するところにより、職域別部会が所掌する事務を掌理し、その運営状況を理事会に報告する。
4 副部会長は、部会長を補佐する。

(職域別部会の構成)
第4条 職域別部会が所掌する事務に係る事業の円滑な推進を図るため、職域別部会に属する委員会(以下「部会委員会」という。)として常設委員会及び個別委員会を置く。

(常設委員会)
第5条 常設委員会は、次の各号に掲げるとおりとする。
 (1) 産業動物臨床部会:産業動物・家畜共済委員会
 (2) 小動物臨床部会:小動物委員会
 (3) 畜産・家畜衛生部会:家畜衛生委員会
 (4) 公衆衛生部会:公衆衛生委員会
 (5) 学術部会:学術・教育・研究委員会
 (6) 職域総合部会:総務・広報委員会
2 常設委員会は、それぞれ属する職域別部会が担う事業の企画及び運営にあたる。
3 常設委員会は、委員12人以内で組織する。ただし、会長が特に必要があると認めたときは、委員若干名を増やすことができる。
4 常設委員会に委員長及び副委員長各1人を置き、委員長には、常設委員会が属する職域別部会の部会長を、副委員長には副部会長をそれぞれあてる。ただし、副部会長がいない場合においては、委員の互選により副委員長を選任する。
5 常設委員会に当該委員会の検討に係る専門事項を調査させるため、小委員会を置くことができる。
6 前項の小委員会の運営に関する事項は、小委員会設置の都度、部会長が会長と協議のうえ定める。

(個別委員会)
第6条 会長は、職域別部会が所掌する事務に係る事業の個別・専門的事項を検討させるため、職域別部会に個別委員会を置くことができる。ただし、個別・専門的事項が二つ以上の職域別部会に共通する場合には、当該個別委員会を関係する職域別部会共通の委員会とすることができる。
2 個別委員会は、委員7人以内で組織する。ただし、会長が特に必要があると認めたときは、委員若干名を増やすことができる。
3 個別委員会に委員長及び副委員長各1人を置き、委員長及び副委員長は、委員の互選により選任する。
4 個別委員会に当該委員会の検討に係る専門事項を調査させるため、小委員会を置くことができる。
5 前項の小委員会の運営に関する事項については、前条第6項の規定を準用する。

(部会委員会委員の委嘱)
第7条 部会委員会の委員は、次の各号に掲げる者のうちから、部会委員会別に会長が部会長と協議のうえ決定し、委嘱する。
 (1) 細則別表3に定める職域理事候補者の推薦母体から推薦を受けた構成獣医師
 (2) 学識経験を有する者
2 部会委員会の委員の任期は、定款第17条の規定に基づく役員の任期とする。

(部会委員会の運営)
第8条 部会委員会は、会長が招集する。
2 部会委員会には、必要に応じ、委員以外の学識経験者を招請し、意見を徴することができる。
3 副会長は、会長が指示するところにより部会委員会に出席し、当該委員会の運営に関し意見を述べる。
4 専務理事及び職域理事は、会長が指示するところにより、委員長又は副委員長を務める常設委員会以外の部会委員会に出席し、当該委員会の運営に関し、意見を述べる。
5 部会長に事故あるときは、会長が指示するところにより副会長がその職務を代理する。

(関係部会長会議)
第9条 職域別部会の連絡・調整を図るため、必要に応じ関係する部会長による関係部会長会議を開催する。
2 関係部会長会議は、会長が招集する。

(庶 務)
第10条 職域別部会の庶務は、事務局において処理する。

(規程外事項)
第11条 この規程に定めのない事項は、会長が決定する。

(その他)
第12条 第6条及び第7条の規定に係る事項について、別に定めのある場合にあっては、当該定めに基づくところによる。

附   則(平成16年12月8日制定、平成16年度第3回理事会)
この規程は、平成17年4月1日から施行する。

当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.