English
日本獣医師会は、LIN(畜産情報ネットワーク)に参加しています。
公益社団法人
  日本獣医師会

〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル西館23階
TEL 03-3475-1601
Get ADOBE READER
このウェブサイトでは、一部PDFを利用しています。PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
会長短信「春夏秋冬」

バックナンバー

会長短信「春夏秋冬(64)」
「天皇陛下在位30年記念式典に参加しての想い」
 平成31年2月24日(日)に国立劇場で開催された「天皇陛下在位30年記念式典」に、私も日本獣医師会を代表して出席しました。
 式典では、天皇・皇后両陛下をお迎えし、沖縄出身歌手の三浦大知さんが「歌声の響」を熱唱されました。
 この歌は、天皇陛下が皇太子時代の昭和50年に初めて沖縄を訪問された際に、ハンセン病療養所の入所者たちが感謝の意を伝えようと沖縄の船出歌「だんじょかれよし」を涙ながらに合唱したことに由来するものです。「だんじょかれよし」とは、沖縄言葉で「まことにめでたい」という意味だそうです。
 天皇陛下はこの歓待に感銘され、沖縄伝統の「琉歌」の形で歌を詠まれ、これに皇后陛下が作曲された思い出の曲が「歌声の響」とのことで、参加者一同も感銘しつつ聞き入りました。
 天皇陛下のお言葉の中で述べられた「近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちました」、「日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました」、「災害の相次いだこの30年」など、時折涙声で国民に感謝の思いを述べられている陛下のお言葉をお聞きしていると、陛下の特別の思いが伝わってきました。
 特に、天皇陛下が原稿を読み間違えられた際に、皇后陛下が気付かれてそっとお言葉をかけられ、天皇陛下が「あ、そうか。有り難う。」と述べられて、再び読み始められたご様子を拝見し、失礼ながら大変親しみを感じました。
 引き続き2月26日(火)には、「宮中茶会」に出席しました。茶会と言っても、天皇・皇后両陛下や皇族各殿下が、アルコールや食べ物も振る舞われつつご歓談される場であり、各界の代表者がモーニング姿で参加されていました。
 日本医師会の横倉会長もご出席でしたが、秋篠宮殿下からは「ワンヘルスはとても大切なことです。しっかり頑張ってください。」とのお言葉を頂戴しました。
 ご承知のとおり皇室は、天皇陛下は魚類のハゼの分類、皇太子殿下は水問題、秋篠宮殿下は本会の学術学会でも基調講演を頂戴した家禽類の育種、黒田清子さんはカワセミと、それぞれワンヘルスに関連する研究に取り組んでおられます。
 ワンヘルスについては、平成25年11月に本会と日本医師会が学術連携協定を締結したことを皮切りに、平成28年11月までに55地方獣医師会すべてで同様の協定を地域の医師会と締結し、全国的にワンヘルスの実践体制が構築されています。
 このワンヘルスについては、平成28年11月に北九州市で開催した「世界獣医師会-世界医師会”One Health”に関する国際会議」で採択・公表された「福岡宣言」、平成30年1月に台湾で調印された「東アジア三カ国獣医師会連携協定(MOU)」等を踏まえ、世界獣医師会(WVA)、アジア獣医師会連合(FAVA)、国際獣疫事務局(OIE)等を含めた国内外の関係機関とも連携し、実践活動を推進して参ります。

 今回、日本獣医師会会長として平成最後となる宮中行事等に出席させていただく機会を得ましたが、ワンヘルスの取組みが如何に重要なものであるか、日本獣医師会会長として、また一人の獣医師として、その果たすべき使命の重みを実感する機会となりました。


平成31年2月28日 公益社団法人 日本獣医師会 会長 藏内勇夫


バックナンバー

会長短信「春夏秋冬(64)」「天皇陛下在位30年記念式典に参加しての想い」
会長短信「春夏秋冬(63)」「己亥は、十分な準備をして果敢にチャレンジし、発展する年」
会長短信「春夏秋冬(62)」「日本獣医師会創立70周年記念行事、盛大に開催」
会長短信「春夏秋冬(61)」「獣医学術学会の充実と「生涯学習認定獣医師」称号の広告に向けて」
会長短信「春夏秋冬(60)」「第30回世界牛病学会2018札幌、大成功を収める」
会長短信「春夏秋冬(59)」「災害去って、学問の秋」
会長短信「春夏秋冬(58)」「第75回通常総会における事業承認を踏まえた獣医師の主体的役割」
会長短信「春夏秋冬(57)」「動物愛護とチーム獣医療の進展」
会長短信「春夏秋冬(56)」「「認定VMAT講習会」の共同開催を推進します」
会長短信「春夏秋冬(55)」「平成30年度に向けた活動のスタート」
会長短信「春夏秋冬(54)」「獣医学術学会年次大会【大分】の成功と、医師会との連携によるワンヘルスのアピール」
会長短信「春夏秋冬(53)」「戊戌は「変化」の年」
会長短信「春夏秋冬(52)」「獣医学教育の国際水準化と獣医師会活動の国際貢献に向けたスタート」
会長短信「春夏秋冬(51)」「平成30年度に向けた政策要請」
会長短信「春夏秋冬(50)」「目まぐるしく活動したひと月」
会長短信「春夏秋冬(49)」「日本及びアジアが世界の獣医師活動をリードする時代」
会長短信「春夏秋冬(48)」「SFTS対応等による”One Health”の実践の強化に期待」
会長短信「春夏秋冬(47)」「予測できない天変地異への万全の備え」
会長短信「春夏秋冬(46)」「第74回通常総会を終え、課題多き三期目のスタートに思う」
会長短信「春夏秋冬(45)」「平成29年度はアジアの獣医師が活躍する年に」
会長短信「春夏秋冬(44)」「獣医学術学会年次大会【石川】の成功と、OIEとの連携への期待」
会長短信「春夏秋冬(43)」「県議と獣医師との二足のわらじで歩みます」(平成29年2月22日)
会長短信「春夏秋冬(42)」「獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」(平成29年1月30日)
会長短信「春夏秋冬(41)」「私が選んだ2016年日獣10大ニュース」(平成28年12月27日)
会長短信「春夏秋冬(40)」「“One Health”国際会議の成功を歓び、禍根を残す無責任な特区決定に憤りを」(平成28年11月22日)
会長短信「春夏秋冬(39)」 欠号
会長短信「春夏秋冬(38)」「諸事の繋がりを大切に」(平成28年9月30日)
会長短信「春夏秋冬(37)」「AIPO活動の再開への期待」(平成28年8月29日)
会長短信「春夏秋冬(36)」「日本獣医師会によるアジア地域獣医師研修事業の再開」(平成28年7月15日)
会長短信「春夏秋冬(35)」「外圧に屈せず一枚岩の団結で」(平成28年6月24日)
会長短信「春夏秋冬(34)」「広域的な被災ペット救護支援」(平成28年5月26日)
会長短信「春夏秋冬(33)」「災害に備える」(平成28年4月21日)
会長短信「春夏秋冬(32)」「AMR アクションプラン」(平成28年3月23日)
会長短信「春夏秋冬(31)」「日本獣医師会獣医学術学会年次大会【秋田】開催迫る」(平成28年2月19日)
会長短信「春夏秋冬(30)」「第2回One Healthに関する国際会議の開催決定」(平成28年1月22日)
会長短信「春夏秋冬(29)」「驚きのニュース」(平成27年12月18日)
会長短信「春夏秋冬(28)」「医師と獣医師との連携による感染症の解明」(平成27年11月19日)
会長短信「春夏秋冬(27)」「獣医師一人一人との繋がりこそ力(チカラ)」(平成27年10月16日)
会長短信「春夏秋冬(26)」「獣医師によるOne Healthの実践」(平成27年9月18日)
会長短信「春夏秋冬(25)」「新役員体制でのスタート」(平成27年8月19日)
会長短信「春夏秋冬(24)」「第72回通常総会を終え、二期目のスタートに思う」(平成27年7月23日)
会長短信「春夏秋冬(23)」「世界獣医師会と世界医師会の共催によるOne Health国際会議で講演」(平成27年6月19日)
会長短信「春夏秋冬(22)」「中国獣医協会の皆様を迎え、有意義な意見交換」(平成27年5月22日)
会長短信「春夏秋冬(21)」「All Japan Pet Expo in Tokyo及びインターペット -人とペットの豊かな暮らしフェア- に参加して」(平成27年4月21日)
会長短信「春夏秋冬(20)」「獣医師として巣立つ卒業生の皆さんに対する期待」(平成27年3月16日)
会長短信「春夏秋冬(19)」「マイクロチップ装着による個体識別推進シンポジウムに出席して」(平成27年2月25日)
会長短信「春夏秋冬(18)」「魅力ある組織の発展を期待 -新たな挑戦元年に-」(平成27年1月22日)
会長短信「春夏秋冬(17)」「気持ちも新たに年を越します」(平成26年12月22日)
会長短信「春夏秋冬(16)」「日本医師会との連携シンポジウムを開催して」(平成26年11月14日)
会長短信「春夏秋冬(15)」「地区獣医師大会に出席して」(平成26年10月23日)
会長短信「春夏秋冬(14)」 「意識改革によって組織の整備・充実を」(平成26年9月25日)
会長短信「春夏秋冬(13)」 「人とペットとの共生社会の構築を」(平成26年8月21日)
会長短信「春夏秋冬(12)」 「地方獣医師会との連携を強化し、迅速な課題解決に向けた更なる決意」(平成26年7月17日)
会長短信「春夏秋冬(11)」 「国際馬術競技大会に不可欠な獣医師会の支援」(平成26年6月20日)
会長短信「春夏秋冬(10)」 「地方獣医師会との連携を強化し、迅速な課題解決に向けた更なる決意」(平成26年5月16日)
会長短信「春夏秋冬(9)」 「獣医師会の約束」(平成26年4月21日)
会長短信「春夏秋冬(8)」 「平成25年度獣医学術学会年次大会(千葉)が成功裏に終了」(平成26年3月20日)
会長短信「春夏秋冬(7)」 「共に歩む日本獣医師会に期待を」 (平成26年2月20日)
会長短信「春夏秋冬(6)」 「目標実現の年に」 (平成26年1月17日)
会長短信「春夏秋冬(5)」 「新しい年に向かって」 (平成25年12月18日)
会長短信「春夏秋冬(4)」 「私の活動の原点は動物愛護運動から」 (平成25年11月19日)
会長短信「春夏秋冬(3)」 「五十嵐幸男先生のご逝去に接し」 (平成25年10月17日)
会長短信「春夏秋冬(2)」 「広く国民の理解の下で狂犬病対策の推進を」 (平成25年9月17日)
会長短信「春夏秋冬(1)」 「本会の発展はスピードある対応と組織行動で」 (平成25年8月17日)
当ホームページは、Internet Explorer 8、Firefox 3.0、Acrobat Reader 9.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
文章の引用、写真、イラスト、および画像データの無断転載を禁じます。
Copyrights (C) 2010 Japan Veterinary Medical Association. All Rights Reserved.